魔王様、溺愛しすぎです!

作者 綾 雅(りょうが)

737. 壊れる悲鳴が聞こえる」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 少しずつ魔族トップの機能が損なわれていく…

    作者からの返信

    徐々に命令系統があいまいになり、危険が
    迫ってきますが……まあ、あのアスタロト
    が崩壊なんてみっともない真似はしない
    でしょう( ̄▽ ̄)

    2020年3月27日 16:06

  •  今更だが、ルシファーが人族擁護派だったのは、「魔王」は特定種族に好き嫌い言うことを許されないからじゃないかな、と思う今日この頃。
     即位した当時は人族いなかったし、魔族をまとめるには必要なことで、ルシファーに特別な唯一の人がいなかったのも大きいのだろうけど。

     ベルゼビュートが地脈から魔力吸収してたから、地脈は正常に機能。
     ルキフェルが地脈利用に考えが至らなかったのは、経験の差だろうな。
     でも、魔の森が地脈から魔力を吸い上げない理由はわからない。

     これ魔力がもともと少ない人族は影響受けてなさそう。
     人族が侵攻する力を削いだのが、今考えると僥倖か。
     日本人3人もどこかで頑張ってるはず。

     魔の森の3割が消失。
     リリスの反魂に使われた消失面積より多いのか少ないのか。
     魔の森が3割なのに、リリスの大半が失われているのも変な話よね。
     これ魔の森にとっても予想外の事態だったのかな?
     準備ができてない状態で、いきなり始まったのようにも見えるけど。
     ルーシアたちの属性が分かれいたのは偶然か、必然か。

     ルシファーが魔の森に向かうより、他者への魔力干渉が得意なベールが魔の森の魔力の移動先を見つける方が早いかも?
     魔の森の魔力とリリスの中身の移動先……。
     ルシファーなら中身がリリスならサーペントでもいいのだろうけど……追いかけるリリスと逃げるルシファーが見られる!?(期待してるわけじゃないんだから!!)

    作者からの返信

    すべての種族をある程度守ろうとした結果、
    周囲が忌み嫌うから庇護するしかない状況
    だった可能性は高いです。
    外見が自分たちに似た種族なので、あまり
    敵対心もなかったでしょうし……弱すぎて
    「(´・ω・)カワイソ」と思われてた可能性も
    あります。

    ベルゼ姉さんは本能で地面に寝ころび、
    補充中。ルキフェルは魔の森がダメなら
    地脈もダメと思い込んだかな?
    慌てすぎてたのかも。

    リリス黄泉がえり時は1/2弱が消失
    したので、まだ耐えられるでしょう。
    赤黒のサーペントはリリスのお気に入りでしたね(* ̄ー ̄*)ニヤリッ

    2020年3月27日 15:50