魔王様、溺愛しすぎです!

作者 綾 雅(りょうが)

698. 何ひとつ解決しなかった」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 誤字報告
    彼が主役だった→彼女

    水の精霊と何かの種族のハーフ?
    精霊って重さって概念なさそうだし

    作者からの返信

    ここの彼は「子供」をさしてまして……
    ミスりました。性別を隠そうとしていたのにw

    いろいろヒントがありますよ。
    軽くて、海の底に沈んでて、紫で、城に突然
    落ちていた←ここ大事w

    2020年3月8日 15:28

  •  “好奇心旺盛な飽き性”
     どこぞの魔王様がそんな性格だったような。
     “本人は反省せず同じことを繰り返す”
     その魔王様もそうだった。
     “子育ても、飽きるまで数十年は熱中すると思われた”
     あの魔王様は一人の例外を除いて、一年も持たなか
    った。
     ……アスタロトの好みって
    (世の中には追及してはいけないことが山ほどある)

    『海』は人族の一部が住んでいたことと、魔王様が珊
    瑚に突き刺さったことくらいかな。
     人族とは接触がなかったはず。
     海水魚は厨房に直行したから、みんなの血となり肉
    になったはず。
     珊瑚はまだルシファーの収納空間かな。紫の珊瑚が
    珍しいと言ってたな。(紫!? まさか、ね)
     海水浸しにした厨房を綺麗にした後の庭の壁の穴は
    ドワーフが塞いだ裏付けは取れたのかな? 吸血鬼城
    のマークはどうなったのか?

     次から次に事件を起こしたり、起きたり、起こした
    り、起こされたり、起こしたりで解決したのか未解決
    なのかとっさに思い出せない。(自分の記憶力がポン
    コツなだけ…

    作者からの返信

    アスタロト、異性だったら魔王様に迫った
    んだろうかΣ(´ω`ノ)ノ 好みの異性が偶然
    ルシファーに似てたのか、彼に似ているから
    興味を持ったのか……。
    ある程度手がかかる人が好きなのかも?!
    いつか2人の馴れ初めも書いてみたいw

    海の紫~! そう、海の紫色ですσ(*´∀`*)
    何やら拾ってましたね。

    魔王城の穴は行方不明ですが、実はあれこれ
    後日につながるヒントなのですw

    2020年3月6日 17:45