魔王様、溺愛しすぎです!

作者 綾 雅(りょうが)

165. 絶滅危惧種でした」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 『162. プリンを配りました』の最後に「ここで彼らの意識が途絶えた。」とあります。
     ずっと「彼ら」=「ベールとルキフェル」だと思っていたのですが、「彼ら」=「アスタロト、ベール、ルキフェル」でしょうか。
     ベールとルキフェルも一度は意識を失ったけど復活したということでしょうか?

    作者からの返信

    あう……ベールとルキフェルは倒れた記憶すら
    瞬時にリセットされたようです。
    もう少し記載を足してもいいかな~?
    倒れたのは3人ですね(*´꒳`*)

    2020年3月20日 13:40

  • 毒殺と捉えていて(笑)

    作者からの返信

    アスタロトさんが起きなかったら
    「魔王城、プリン毒殺事件」とか
    歴史に残りそうw

    2019年6月24日 16:15