魔王様、溺愛しすぎです!

作者 綾 雅

01. 散歩すら自由に出来ないのか 」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 「散歩に出ただけで、オレは攻撃されるのか。」

    もしかすると、魔王憎しと思っているのは人族からだけの一方的な片道方向の怨嗟なの?
    魔王から見れば人族とは決して滅ぼさなければならない相手じゃない、ただ飛んで来た火の粉は払うべし、くらいの感じにしか思っていないみたい。

    そう思わせるひと言ですね。

    作者からの返信

    人はいつでも自分より強い者を妬み、やっかみ、
    陥れる生き物ですからね~。
    己に正直に生きる魔族が見ると、不思議で理解
    しづらい種族かも知れません。

    2019年7月9日 13:12

  • このフリがのちのち効いてくるとは
    流石デス(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

    作者からの返信

    (*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ
    戻ったのですか!!

    2019年6月24日 16:25

  • 「かしこまりまして」→「畏まりました」じゃないですか?

    作者からの返信

    ありがとうございます!! ちょっと直してまいります(o´-ω-)o)ペコッ
    今後も見つけたらご指摘くださいね♪

    2019年4月2日 17:32