この空の果てで、きみに、歌を。

作者 いっさん小牧

42

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まず、最後まで読んで思ったのが作者の情報収集能力の高さが素晴らしい。
よくここまで理論を理解して、尚且つそれを小説にしたというのがこの作品のいいところでしょう。かといって理論に拘りすぎず、初心者にも分かりやすく組み込んである。それができるということは、理論への理解が深いということになります。

脇役のキャラも作り込まれており。宇宙に飛び立ってからも存在感を持っています。

最後は全てを包み込み、高次の次元へと誘う。その表現が、まるで実体験しているかのようにありありと五感を刺激します。

あなたも宇宙の終わりへ行ってみませんか?
それがこの作品で体験できます。

★★★ Excellent!!!

永遠の命を手に入れた少年少女が、途方もない時をかけて、宇宙の終わりを目指す物語。

膨大な想像力と、綿密に作り込まれた世界観によって示される「宇宙の終わり」とは何なのか。
それを知りたくて、読み進める手は止まらなくなり、一気に読み切ってしまえるほどの素晴らしい文章力であり。

豊かな比喩表現やていねいな心理描写で描かれる、無限に広がる宇宙と、その終焉。そして、その全てを目撃することになる少年少女。
彼らの旅がずっと終わってほしくない、と思えるほど引き込まれる、優しい世界が描かれています。

10の100乗年を越えて、宇宙が終わる時、最後に残るものは。
是非とも彼らと一緒に、共に壮大な宇宙を旅して、見届けてください。

★★★ Excellent!!!

 つい先ほどラストまで読み終え、これを書いています。
 読み終えてしまった。終わってしまったのだなぁというクールな解放感とともに、なぜか大きな喪失感も覚えています。今この胸の中に渦巻く様々な感情を、正直、どう表現すればいいのか全く見当もつきません。ありきたりな言葉を使わせていただくならば、静かで、そして深い感動に満たされています。


 「永遠の命を手に入れ、宇宙の果てを目指す」という途方もない着想とスケールで展開される本作品は、生きた人間の魂そのものを描き出した、まごうことなき傑作文学です。
 想像のできないものを想像するのがSFとはよく聞きますが、そういう意味でも本作品は間違いなくサイエンス・フィクションでありますし、広大無辺な宇宙を舞台にした、スペース・ファンタジーであるともいえるでしょう。何より全編を通じて突き詰められる哲学的テーマへの言及――これはスペキュレイティヴ・フィクションとしての側面も極めて強いといえます。


 読んでいる間、それこそ様々な先人が手掛けたSFの名作を連想しました。
 具体名を挙げればきりがないのですが、それらの連想とはあくまでも通過点でしかなく、読めば読むほどに、本作品が「前例のない、きわめて革命的な試みへひた走ってゆく小説」であることがわかっていただけると思います。


 正直申し上げて、こんな小説読んだことがない!

 こんなにも心を掴まれ、魂を揺さぶられるような体験をしたのは初めてかもしれません。
 今はただただ、本作品に出会えたことを嬉しく思うとともに、カクヨムというSNSがあったからこそ辿り着けた世界だったという「偶然」に感謝しています。ほんとうに、偶然見つけた作品で、ここまで心を揺さぶられるとは思いませんでした。何か「運命」めいたものも確かな手ごたえとして感じています。

 不思議なことに、この「運命」――「縁」と言い換えて… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

舞台は壮大な宇宙と膨大な数字に囲まれて拡がっていきますが、キャラクター達の心は常に手元にあるような素晴らしい文章に引き付けられてしまいます。

また比喩表現が美しいのです。想像もつかないような空の果ての風景描写や、深く緻密で繊細な心理描写でそれが垣間見えるのです。

宇宙を旅する主人公は、高校生。どれだけの時間が流れても高校生。誰しも一度は思い描いた「宇宙の果て」への旅を、その終着まで、あの時の気持ちのまま彼らと一緒に旅をすることができます。

内容は暖かく、優しいお話です。最終話なんて泣きそうになるくらい。
少しだけ寂しくもありますが、それもまたこの物語に欠かせない要素。
この物語は、読者を前向きな気持ちにさせてくれます。

「10の100乗年後」というワードが出てきます。
100年を100万回繰り返してもたった1億年だし、1億年を1億回繰り返しても「10の100乗年」に比べれば「ゼロ」に等しいくらい小さな数なのです。
その果ては何か。是非読んで体験してください。

読後、爽やかな風が体を駆け抜けていきます。そして、「さて、何をしようか、楽しみだ」と、未来への希望を自然と抱いてしまいます。

これぞまさにSFの王道。
俗っぽくて失礼かもしれませんが、夜更かししてネットサーフィンしながら宇宙について調べるのが止まらない「あの好奇心」が湧き上がってくるのです。無限の時間も、終わってみればあっという間。最後まで止まりませんよ。

★★★ Excellent!!!

グレッグ・イーガンの「ディアスポラ」 × Powers of Ten × ラノベ、で表現された恋愛小説、といえば理解してもらえるでしょうか?
もしくは光瀬龍の「百億の昼と千億の夜」以上のスケールを舞台にした青春恋愛小説?

スケールが大きすぎて良いキャッチコピーが浮かびません。

そのスケールの世界観の上に、ラブコメ要素のある高校生の青春、そして真の愛とは何かを問う物語が展開されます。
作者様の想像力に脱帽です。
あなたも、360度宇宙的スケールで語られる愛を体験されてはいかがでしょうか?