12+3才の幽霊少年

作者 koumoto

呪いにすら祝福を

  • ★★★ Excellent!!!

十二歳の時に亡くなって、以降三年間を幽霊として過ごした少年の「奇妙な日常」を切り取った短編です。
幽霊と言えば暗い雰囲気があっておどろおどろしいものだけど、彼は快活で自由に生きています。同じ幽霊と遊んだり、時間を気にせず好きな所へ行ったり……。

その自由さは生きている人間からすると羨ましくなるくらいです。
出会った幽霊をみな応援するという主人公は怨霊すらも差別しません。
この世の理を超越した特別な世界。それを覗いてみたい方へおススメです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

一矢射的さんの他のおすすめレビュー 352