あなたと世界が

 打合せ日を決めた後、カイさんが挙動きょどう軽やかに端末を開く。

「せっかくだから、ちょっとだけ見ていこうか」

 すると石間さんと桔川きっかわさんの表情がぱっと明るくなった。

「いいんですか!」

「さっすがカイさん」

 合いの手のタイミングまで息の合う二人だなァ。

「本格的な説明は後日ごじつとして、さわりくらいなら今やるよ。担当だもん」

 ケーブルを端末とつなぎ、外付そとづけのモニタに画面を映す。

 自然と、カイさんの表情と口調が、落ち着きあるビジネストークに寄った。

「いま、この世界ではたくさんの人がゲームという一大コンテンツを通じて交流しあっているんだよね——」

 そのままIDとパスワードを入力し、を選択した。そして、ログイン。表示されたのは、ロゴマークに加え、《クライフ》を象徴しょうちょうするこの一文。


『ようこそ。あなたと世界が交差こうさする空間へ』


大仰おおぎょうだなァ」と言葉を漏らしたのはカイさんだった。

 それから、軽快けいかいに様々なシーンを見せる。

 プレイヤーがゲーミングを披露し、腕前を競い合うプレイ画面。配信者と聴衆オーディエンスが交流しあうコミュニティ。公式オフィシャル連携れんけいしたECや『創り手の裏側』特集。CS班私たちが担う、ゲームと企業をつなぐマッチング機能きのう

 そのなかで、「そういえば」と桔川さんがあることに気づいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます