今日も明日も

 夕の空にうっすらと雲が差し込む。そういえば、今夜は冷えるんだっけ。

 退勤予定時刻がゆるやかに迫り、端末デバイスをチェックしてやり残しのタスクと明日に残せるものとを、スケジュールをもとにチェックする。

 おやつどきにはカップの中で波紋を揺らめかせていた珈琲コーヒーも、すっかり私の喉元を過ぎた。

 ——先に洗うかな。

「カイさん。洗い物、まとめてやっておきましょうか」

「お気持ちだけ。自分でやるから平気だよ」


 このフロアは、企業のオフィスとしてスタッフが業務にいそしむ場所でありながら、カフェのオープンスペースのようなイメージで形作られている。そこに動かしやすい家具を寄せ集めたようなレイアウトで、しつらえも従来のオフィス然としたデスクや椅子はなく、動かしやすい家具やキャスター付きのテーブルが多かった。カイさんや笠さんと私のCSシーエス班も、チームワークのためにと、一区画に机とキャビネットを寄せ集めて島を作っているに過ぎない。

 そんな場所だから、自分が使ったスペースは自分で掃除する。チームの物は、チームで面倒をみる。


「放っておくと、社長がパブリックで吠えるからね」

 と、笑うカイさん。

 さらに、

「今日も明日も、みんなで使うんだからさ」

 そう言ってくれたのもカイさんだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます