自作ウェブ小説の改善 ―読まれる為には何を変えればいいのか?―

作者 愛果 桃世

220

80人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ハッと、気づかされました!
視野が狭く狭くなってしまった時に、大切な事をもう一度思い出させてくれます!
読み進める手が止まりませんでした。

もっと早くに読んでいれば良かったなと、思いながらも、でも出会えたことに感謝です(^-^)
もしこの作品を読んでいなかったら、今後も視野が狭いままだったと思います。

★★★ Excellent!!!

PVなんて、いいもの書いていれば、ついてくる、などと奢っていたわけではないが、あまりにも誰も読んでくれないと、心が折れるもの。
熱心なファンからは絶賛されていても、多くの人にこの力作を知っていただきたいという思いのほうが強い。
そんなときにこの処方箋。

自分でトライアル&エラーをされて見いだされた、気づき、は大変ためになりました。全部が試せるわけではないし、これぞ必勝法、というものではないですが、今度はこうしてみようか、という前向きな気持ちになれます。

さらに、なにか「気づき」があれば、ぜひ教えていただきたいです。
期待しています。

★★★ Excellent!!!

実際、この手の作品改善マニュアル的な作品はいくつもありますし、どれも参考になりますから、色々と読むべきかと思います。
まずこの作品の魅力は、内容もさる事ながら、作者様の文章が分かりやすく読みやすい。
そして、読み手の作品を良くして欲しいという優しい気持ちが感じ取れ、作者であれば読んでいるだけでも、温かい気持ちになれるでしょう。

★★★ Excellent!!!

「なぜ自分の作品は読まれないのか?」
「こんなに力を入れて書いているのに……」

そう思っているときこそ、一度立ち止まって、このエッセイを読んでみてください。
目から鱗の連続です。
そして自分の置かれている状況を、客観的に把握することができます。

「一番大切なことは、一番近くにある」
そんな文言を、思い出すでしょう。
 

★★★ Excellent!!!

これはウェブ小説に限ったことではないだろう。

自分が作り出すものを輝いたものにするために自分にできること。
それが分かりやすく語られている。

私も早速自分自身と作品を振り返り、実践していきたいと思う。
簡単なことからでいい。
変えていけばきっと変わっていくよ。
そう応援された気持ちになった。