一夜漬けの味

作者 一矢射的

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 姉よ、貴方は凄かったへのコメント

    えっ、あのホームルームに寝てたのって、伏線だったのですか⁉ ビックリしましたΣ(゚Д゚)

    古典は昔の人とお話しすること。なるほど、そう言う考え方がありましたか。
    勉強するって考える時が重くなりますけど、そんな風に考えると、やる気が出てくるかもしれませんね(#^^#)

    作者からの返信

    主人公はどうなったんでしょうね? ちょっと可哀想な気もしますが、これも授業料というものです。まだ一年生なんだから、きっとどうにかなるでしょう。

    何の説明もなしに「使いもしない活用系を覚えろ」ましてや「何の役にたつかは私にもわからん」では教わっている方が嫌になります。原典との間に人を挟めば挟むほど内容は曖昧になっていくので。本当の良さを知る為には訳文を読むだけではイケナイのかもしれません。
    コメント&評価、ありがとうございました!

    2019年3月29日 10:49

  • 姉よ、貴方は凄かったへのコメント

    一矢さまの手にかかると、試験のあの嫌な時間もかような面白い物語になりますのね☆

    古典は昔の人とお話しすること

    なるほど!
    おおいに納得いたします

    一矢さま、ありがとうございます♫

    作者からの返信

    高校生になって最初の壁が数学と古典の活用だと思うんですよ。
    中学の試験は一夜漬けで何とかなっても、この辺りまでくると難しいハズなのです。それに気付けるかどうかで成績も変わってくるんじゃないかなぁ…なんて思います。

    現役学生にしてみれば読みたくもない話かもしれませんが。
    頑張れる内が人生の華。そんな想いを込めました。
    コメントと素晴らしいレビュー、ありがとうございました。
    次は例の探偵でいきます。少しでも頂いたご恩に報いる内容であれば幸いであります!

    2019年3月27日 12:07

  • 姉よ、貴方は凄かったへのコメント

    あぁぁぁぁ、伏線が、伏線が…!
    ホームルームは大事ってことですね本当に。
    私なんて起きてるにも拘らず、ホームルームに夢想してて全然ひとの話聞いてないクチだったので、痛さがよく分かりますよ。

    古典は苦手でしたねぇ。お姉ちゃんの言うように、昔の人と対話するためのツールなのでしょうね。

    学生時代を思い出して共感してしまいました! 懐かしい!

    作者からの返信

    私も学生時代は「こんな事して何になる」と思ったクチですね。
    しかし、こうして古典に思いを馳せる方が居るおかげで妖怪だの神様だのも現代に伝わっているんだから感謝しなければいけないと思うのですよ。

    外国映画の日本語訳も人によって色々と変わってくるし、そのせいで映画の評価そのものも左右されたりするわけです。
    翻訳って凄く大切な役割を果たしているんじゃないのかなぁ。

    出来る限り学生のリアルを再現してみました。楽しんで頂けたのなら幸いです。
    コメント&評価、ありがとうございました!

    2019年3月24日 22:34

  • 姉よ、貴方は凄かったへのコメント

    日々の努力の積み重ねがなにより大事ですよね。

    作者からの返信

    短時間でつめ込んだ記憶は短時間でなくなってしまうものだと聞いたことがあります。
    そしてアクシデントが起きた時、急ごしらえの計画では対応のしようがない。誤魔化しは通用しませんね!

    2019年3月24日 15:29

  • 姉よ、貴方は凄かったへのコメント

     実生活の苦悩がにじみ出る内容でした。

    作者からの返信

    寝不足の描写がリアルでしたか?
    実際それをネタにした作品を書いている方が居ましたねえ!

    2019年3月24日 15:23