転移4

 

 尻を叩かれたようにシャワー室へと飛び込んだ。中には小さな着替えるスペースがあり、ガラス張りのドアの中にはシャワーと鏡がある、石張りの壁や床はまるで高級ホテルのようだ。


 ドアがしっかりと閉まっていることを確認してネクタイを緩めた、泥や埃でスーツはボロボロになっている、おまけにジャケットはエリザが羽織ったままだ。



 快適な温度と水圧、シャワーはこの世界でも同じだった。額から浴びる暖かいお湯が気持ち良かった、そして異世界に来たということを改めて実感する。



「あー、これであのクソ会社ともおさらばできるー」



 口を開けるとシャワーの水が入ってくる、口に含みながら思わず独り言を呟いてしまう。



「こっちの世界でのスキルは無敵、更に移動と回復魔法も備わっているとなれば、王道スキル。俺Tueeeeeeだ、本当にあるんだな、こんな事っ」



 思わず顔がニヤける。髪の毛にお湯を当てると顔を伝う、首筋から肩、背中へと流れる。なんだか久しぶりにシャワーを浴びた、そんな気になってしまう。


 至福を感じた瞬間、背中に毛虫のような物が当たる感触があり目を開けた。



「んー? どこにあるんだ?」



 不思議そうな声と毛虫と思えた感触は、鏡に映る先程のメイドと、その髪の毛だった。俺の背中に覆い被さるように首筋を舐めるように見ている。



「うぅわぁあーー」



 その場に倒れ込んだ俺は真っ裸を彼女に見られてしまった。思わず両手で男子の象徴部分だけでも隠す。



「ねぇ、痣は? 勇者の痣、どこにあんのよ」


「いいいやあ、とととりあえず、出てくれるかな」



 服のままでシャワー室に入っているものだから、メイド服は濡れて肌に密着しているのが分かる、こうして見ると、胸の膨らみがエリザよりもかなり大きい。腰のラインや腕、脚の細さも彼女の方が上、グラビアモデルのような体型だった。



「あぁ、男の裸は見慣れてるから大丈夫大丈夫」



 淡々とした口調と無表情の彼女。焦っているのは俺の方だった。



「いや、そういう問題じゃなくて、その」


「何がぁ? 分かったわよ、ったく」



 ポタポタと雫を垂らしながらメイドは外へ出る。口が何かを喋ったと思うと、風が彼女を取り巻いた。大きなドライヤーで足元から風を出したような感じだ。俺はふわりとめくれ上がるスカートに目を奪われる「おお」と、前のめりに顔を出し、目を見開いた瞬間、大量のシャンプーが目の中に入った。



「痛ってーーー!」


「服、置いときますから」



 メイドの声が聞こえる。手探りでシャワーを見つけて直接目に当てる、しばらくすると痛みが和らぎ、視界が元に戻ると、綺麗に畳まれた異世界の服が置かれてあった。



「あぁ、なんだったんださっきの」



 俺はすぐに洗い流して、ゲームやアニメなどでお馴染みな感じの服を着た。



「着れましたかー?」



 外からメイドの声が聞こえる。今更確認する意味はあるのかと呆れながらノブに手を掛ける。



「はいは......」



 ドアが開き、部屋の景色が目に入った瞬間、首元に刃物のような物が当たる。金縛りのように動きが取れない。



「貴様、勇者では無いな、何者だ......」



 今までと声のトーンが違う、しかしそれはメイドの声だ。いつの間に俺の後ろに回り込んだのか、喉に何かが当てられている、肩の後ろから聞こえるこの感じは......殺意――



「バインド魔法で貴様の動きを止めている、今すぐ何者かを喋らねば、この風の刃が喉を掻っ切るぞ」



 萌えの要素が全く無くなったメイドは殺気に満ち溢れ、本気で俺を殺そうとしているのが分かる......





「......だが、断る!」



 喉に刃を突き付けられようが、人生で一番のドヤ顔で断ってやった。調子に乗るのもいい加減にしろよ、という感じだ。



「フッ、何故なら俺のスキルは、無敵だからよぉ!」


「......そうか」



 真空状態の刃が喉に食い込む、かまいたちというやつだろうか、そんなもの俺には通用――






「痛っっってーーーー!!」



 喉が切れて血が滲み出す、何故、何故ダメージを受けている。何故だ、灼熱の炎には耐えられたのに。



「た、助けて! なんで? あの時は無敵だったのに」


「アレは姫様に内緒で私と大神官様でかけた光神の加護だ、姫様にもしもの事があった場合、一定時間無敵にして傷を回復、そしてこの地に帰って来れるようになっていたのだ」


「えっ!?」


「よって、お前には無敵や魔法のスキルは、無いのだろう!?」



 グッと、体を密着させ、刃をさらに突き立てる。



「ま、待ってくれ......じゃあ最後に言いたいことがある」


「何だ?」


「お前、胸デカイんな......」



「クッ」と、歯をくいしばるような声が聞こえると、俺の喉に刃が食い込む、息が出来なくなり意識が遠のく、目の前が暗くなっていくのが分かる。



「......死ね」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます