第15章 必殺! 魔法剣!

「ひとは僕をこう呼ぶ」


 美少年は、キザな笑みを浮かべながら言った。


「魔王軍『死の騎士団』団長――ジャスティア」


 青白い双眸に、白い素肌が印象的なその男――ジャスティア。

 背丈は俺より少し低く、160センチ代前半だろうか。しかし漆黒の外套マントに身を包んだ彼からは、確かに威圧感のようなものを感じた。


「馬鹿なドラゴンが、人間の戦士にルティナ姫を奪還だっかんされたと聞いてね。改めてさらおうと、部下を引き連れてディヨルド王宮に向かっていたら――ははは、なんとこの宿に姫様と、その戦士がいるというじゃないか。そこでこうして、ご挨拶に訪れた……というわけだよ」


「なるほど、そういうわけか。……もっともご挨拶といっても、よろしくって握手したいわけじゃなさそうだがな」


「無論。……われわれ魔族と人間が出くわしたとき、する挨拶といえばひとつだろう?」


 ジャスティアは、右手を高々と掲げて――


「『死の騎士団』よ! この男を討ち取れ!!」


 さっと、下ろす。

 と同時に、やつの周囲で徘徊していたガイコツたちが、いっせいに俺に襲いかかってくる!


「多勢に無勢――ではあるが」


 俺は前かがみになり、背中に背負った鞘から、


退くわけにはいかねぇ!!」


  魔刀工の剣を引き抜くと、そのまま縦横無尽。

 上下左右に剣閃を走らせ、ガイコツどもを切り刻み打ち砕き、こっぱみじんにしていった。

 時間にして、10秒も経たなかっただろう。ジャスティアが引き連れてきたガイコツども――『死の騎士団』とやらは、俺によってあっさりと全滅してしまったのだ。


 ……うむ。

 さすが魔刀工ヴィルアスの剣。

 切れ味、破壊力、使い心地、すべてにおいて抜群だ。大したもんだぜ。


 というわけで俺は、剣を下げ、ジャスティアのほうへと向き直る。


「見ての通りだ、大将。お前さんの自慢の部下はあっという間にこの通りだよ。さっさと引き下がったほうがいいんじゃねえか?」


「……なるほど。さすがだね。ドラゴンを倒しただけのことはあるようだ。ええと――」


「エルド。魔法戦士エルドだ」


「エルド。敬意を表して名前で呼ぼう。人間の戦士エルドよ。僕の部下たちを一瞬で蹴散らしたその手腕と実力は大したものだ。……しかしひとつ、残念な事実がある」


「残念な事実?」


「そう」


 ジャスティアは、パチン、と指を鳴らした。

 すると――な、なんだ!?


 がちゃがちゃ、がちゃがちゃがちゃ……!!


 俺が倒したバラバラのガイコツたちが急に結集して、もとのガイコツになってしまった!


「復活した、だと!?」


「ハハハ……そういうことだ、エルド! 我が部下は不死身なのだよ! 何度壊しても何度殺しても、決して死なない、アンテッドたちなのだ! 『死の騎士団』をなめるなよ! ハハハハハ……!!」


「殺しても殺しても……死なない……アンテッド……?」


 そのセリフを聞いて、俺は片眉を上げた。

 不死身のガイコツども。死の騎士団。殺しても決して死なない敵。なんてことだ。それなら、それなら――


「楽勝じゃねえか!!」


「……ハ?」


 ジャスティアが、馬鹿笑いをやめた。

 俺は、はああ、と肩の力を抜いて大きく息を吐く。


「ンだよ、魔王軍の団長とかいうからもっととんでもないモンスターかと思ったら、ただのアンテッドか。緊張して損した」


「な、な、なんだと……。貴様、僕の部下を愚弄するか! ……いいだろう、ならば本気でやってやる! かかれ、者ども!」


 ジャスティアが右手を天高く掲げる。

 すると、ガイコツたちはいっそう勢いよく俺に飛びかかってきた。

 そのまま繰り出される、拳、蹴り、頭突き、体当たり。まともに食らっても、たぶんダメージは受けそうにない単調かつ弱々しい攻撃だが、しかしかわせる攻撃をかわさないのも馬鹿らしいので全部避ける。――と、同時に、


「我がかいなより、求めるは聖賢! 『ホーリー』!」


 聖属性の攻撃魔法、ホーリーを発動させる。

 左手が、青白い光を発する。アンテッド属性のモンスターは確かに不死身だが、聖属性の魔法を食らえば確実に消滅してしまうのだ。


「なるほど、貴様は『ホーリー』を使えたのか! やるな! だが『ホーリー』で倒せるガイコツは一体のみ! 残りのガイコツをどうさばく!?」


 ジャスティアが嬉しそうに叫ぶ。

 なるほど、やつの言うことはもっともで、『ホーリー』は単体攻撃魔法だから一度に一体のガイコツしか攻撃できない。襲ってくるすべてのガイコツを倒すことはできないだろう。だが、俺はえた。


「『ホーリー』だけならな!」


「なに!?」


「いくぞ! スキル【魔法剣】!」


 数あるスキルの中で唯一、魔法戦士固有のスキルを発動させる。

 左手で魔法を発動させ、右手の剣に魔法の力を注ぎこむスキル【魔法剣】。

 こうすることで、剣は魔法の力を帯び、さまざまな特殊効果を得られるのだ。


 例えば、炎に弱い敵を相手にしたときには、火の魔法を剣に注ぎ込んで【火の剣】を作り出せば、それは当然、有利に戦える。


 そして今回のように、アンテッド属性の敵を相手にしたときには――

 俺は『ホーリー』の力を、右手の剣に注ぎ込んだ。


 しゅっ、しゅっ、しゅ、ごおおお、と、右手の剣が蒼い光を発する。

 ホーリーの力を帯びた魔法剣【聖剣】の誕生だ。そして――


「続けて、戦士スキル! 【螺旋斬り】!!」


 全身を回転させながら、俺はガイコツの集団の中に突っ込んでいく!


 ざしゅ、ざじゅ、ざしゅざしゅざしゅざしゅ!!


「な、な、な、な、な!?」


 ざしゅ、ざじゅ、ざしゅざしゅざしゅざしゅ!!


「あ、ああ、あああ。ぼ、僕の、部下が……ガイコツたちが!」


 ……ざしゅうっ!!


 5秒と経たぬうちに、ガイコツたちは俺の魔法剣により、切り裂かれ砕かれボロボロにされ、今度こそ文字通りのむくろとなり果てたのである。


「ふう、さすが魔刀工の剣。いい切れ味だぜ」


 俺は魔法を帯びさせた我が愛剣を眺めた。

 刃こぼれひとつない。たいしたもんだ。


「が、ガイコツが……30体を超えるガイコツが瞬殺……!? ば、バケモノか……!」


 ジャスティアは、目を大きく見開いてその場にぺたんと座り込む。

 なんでそんなに驚いてるんだ。魔法剣からの螺旋斬りなんて魔法戦士の初歩テクニック。ぜんぜん大したことじゃねえのに。


『ザザザ……エルド……何度も言うが、スキルはその時代には存在せん。魔法剣なんて芸当ができるのは、その時代にはひとりもおらんのじゃ……! そなたのやっておることはとんでもない無双じゃぞ!!』


 宝玉がまた雑音を発している。

 リプリカ様がなにか言ってるな。いちおう敵と戦ってるんだぞ、こっち。あとでお願いッス、あとで。


「ぐ、ぐぐぐ……」


「さて、ジャスティアっていったな。魔王軍だっけ? こっちは助ける義理もねえ。ここで仕留めさせてもらうぜ」


 俺は剣を振りかざし、尻もちをついているジャスティアに向けて近づいていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます