第5章 だから王様ってケチだったんスか

「魔王だ! 魔王の手先が――魔族があらわれたぞ!」


「皆のもの、集まれ! 魔族をこの場から叩き出すぞ!」


 わらわらと、皮の鎧を着込んだ兵士たちが集まってくる。

 そして彼らは銅の剣を引き抜いて、俺に突きつけてきた。


 ……なんだあ?

 魔王の手先、だと?


「待て待て、どういうことだ。俺は魔法戦士エルド。見ての通り人間だぞ」


「黙れ! その手に乗るか!」


 何十人と集まってきたお城の兵士の中から、一人、細身の剣――レイピアをたずさえた女が出てきた。

 セミロングの金髪を、一つ結びの、いわゆるポニーテールにした、10代後半の女の子である。布地の長袖長ズボンの上に、鉄製の胸当てをつけている。彼女だけ少し装備がいいな。


 しかしいかにも生真面目そうな、キリッと引き締まっている整った顔立ちだ。

 だが険しい眼差しを俺の方に向けている彼女は、白桃色のくちびるを動かして叫んだ。


「お前はいま、突然我々の目の前に現れた。そんなことができるのは魔王の手先だけだ!」


「そうだそうだ! アイネス様の言う通りだ!」


「さすがはアイネス様、王宮付きの騎士きしだ。抜群の見識だ」


「みんな、油断するなよ。こいつは魔王の手先だ」


 レイピアを持った少女は、アイネスとかいう名前らしい。

 それも騎士っていわれてるな。装備の良さといい、彼女の身分は普通の兵士より上っぽい。

 ところで、そのアイネスのセリフを聞いて、俺はピンときた。俺の瞬間移動魔法を見て、こっちのことを魔王の手下だと誤解しちゃったわけだ。


「見れば見るほど、魔族っぽい輩め。この王宮になんの用か知らないが、このアイネス・リルヘイムに見つかったのが運の尽きだったな」


 アイネスとやらは、微妙に得意そうな顔で剣を構えた。

 それに続いて兵士たちも次々と獲物を構える。おいおい、待てよ、マジで戦う気? ちょっとはこっちの話を聞いてくれ――


「皆のもの、いい加減にしなさい!」


 そのときだ。

 俺の後ろにいたルティナ姫が一歩前に出て、アイネスたちを怒鳴りつけたのだ。


「えっ、る、ルティナ姫様!?」


「ほ、本当だ。みずぼらしい格好だが、姫様だ」


「さ、さらわれたはずの姫様がなぜここに?」


 兵士たちは、がやがやと騒ぎ出す。


「こちらは魔法戦士エルド様。わたしを魔王の部下のドラゴンから助けてくださった方です。魔族だなんてとんでもない」


「えっ!? こ、この男が、姫様を!?」


 アイネスは、琥珀色の瞳を大きく見開かせる。


「そうですとも。――申し訳ございません、エルド様。王宮のものがとんだ粗相そそうをいたしまして」


「いや、構わねえよ。にしてもルティナ姫は慕われてんなあ、みんな心配してたみたいだぜ? ははは」


「ま、待て、貴様! 魔王の手下でないのは分かったが、姫様に対してなんたる口の利き方を!」


「いいのですよ、アイネス! エルド様はいいのです」


「し、しかし……。……このヒョロヒョロした男が……魔王軍最上級モンスターのドラゴンを倒して姫様を助けた? そんなバカな……どうやったのだ。どうやったらそんなことができるのだ……」


「アイネス! いい加減にしなさい!!」


 ルティナ姫は金切り声をあげ、女騎士アイネスはまだ疑り深い眼差しで俺のことを見つめてくる。

 どうやったのだ、どうやったのだって、ずっと言い続けている。いや、そんな風に言われてもなあ。


「どうやったもなにも、大したことはしてねえんだよ。実際、ドラゴンなんてザコだしさあ」


「ザコ? ドラゴンが? 貴様、なにを言っている?」


「いやだって、本当にザコじゃん。ドラゴンなんて瞬殺だぞ? 軽くはたいただけで倒せたし。こんなふうに」


 ひょい。


 パキィン!!


「…………え?」


 俺が軽く左手を振った瞬間、アイネスが持っていた剣の先端が至極あっさりと折れ、横に向かって吹っ飛んで、そのまま地べたに突き刺さった。


 あ。

 やべ。

 折っちゃった。


「な……なに? え? わ、私の……はがねのレイピアが……? まさか、素手で……? あ、ありえない……」


「悪い。まさか折れちまうなんて。軽く叩いただけのつもりだったんだけど……」


 うわー、しくった。これは弁償だな。いくらするんだ、このレイピア。

 まあ、こんなにあっさり折れるんだから、大した値段じゃないと思うけど。


 ……って。

 あれ? なにこの空気?


 アイネスをはじめ、兵士たちは全員唖然とし、何か化け物を見るような目で俺のことを見ている。

 俺、なんかそんなに驚かれるようなことしたかな?


「け、剣を折りやがった」


「し、しかも素手で……?」


「あれ、アイネス様のはがねのレイピアだろ? それをあんなにあっさりと……」


 何をそんなに驚いてるんだ?

 はがねのレイピアを折るくらい、俺の仲間なら誰でもできる。全然大したことじゃないのに。


「まあまあ、さすがはエルド様! 本日も絶好調のようで何よりです!」


「え。あ、ああ……」


 ルティナ姫は、呆然としている集団の前でただ一人ニコニコ顔だ。


「皆の者、分かりましたか? エルド様はこのようにとてもとてもお強いのです。私をお助けできたのも当然のことです」


「は、はい……。分かったような気がします……。しかし、それにしてもレイピアを折るなど……」


 アイネスはまだ呆然としている。 


「レイピアはお父様にお願いして、修理していただきます。さあ、それよりもエルド様、お城の中に入りませんか? きっと父はエルド様のことを大歓迎してくださるはずです」


「あ、そうか? うん、よし。じゃあ行こうかな」


 ルティナ姫に促されて、俺はディヨルド王宮の中へと向かっていく。

 兵士たちも、俺たちと共に王宮の中に一緒に戻っていく。

 ただ一人アイネスだけは、まだ疑惑の気持ちがあるらしく、


「ありえない……魔法戦士エルド、だと……? 素手でレイピアを……ありえない……」


 ありえないを連呼して、折れたレイピアをじっと見つめていた。




「いやはや、見事! 見事なり、魔法戦士エルドよ! まさかルティナを助けてくれる者が現れようとは……。けほ、けほけほ」


「お父様、ご無理をなさらないでください。お体にさわりますよ?」


 ディヨルド王国の国主、ディヨルド7世は、痩せぎすの身体でせきこみながら、俺の功績を讃えてくれた。

 年を取ってからようやく授かった一人娘、ルティナ姫のことを溺愛していたらしい王様は、それだけに娘がさらわれたことを心の底から悲しんでいたらしい。それが今日、ルティナ姫が戻ってきたものだから、1か月ぶりに笑顔を見せたそうだ。で、王様が笑顔になったもんだから、城の大臣や家来、兵士たちも喜びの表情を見せている。よかった、よかった。


「エルドよ。おぬしこそ、我が国に現れた救世主じゃ。頼む。魔王を倒してくれい」


「もちろん、そのつもりッスよ」


 この世界に現れるべき初代勇者がいないのだ。

 それなら、俺がやるしかなさそうだもんな。


「頼もしい言葉じゃ。エルド、頼むぞよ。――う、ごほ、ごほごほっ!」


「お父様! ああ、こんなに病が深刻になって……。回復魔法も効かないし、どうしたらいいのかしら」


「おそれながら、姫様」


 と、口を開いたのは例の生真面目女騎士ことアイネスだった。


「この城の北西にある【王家の墓】の最下層には、どんな病もたちどころに治してしまう『やしの杖』があると聞きます。その杖を持ってきてはいかがでしょう?」


「ごほ、ごほごほっ! アイネス、いかん、それはいかんぞ。……【王家の墓】はその名の通り、我がディヨルド王家が7代前まで使っていた墓じゃ。その入り口には厳重な封印が施されていて、王家の者以外は立ち入りできぬ。よって、洞窟の中に入ることができるのはルティナだけじゃが……。


 【王家の墓】にたどり着くまでには、数々のモンスターが現れるのじゃ。我が王家がその墓を使わなくなった理由はそこにある。せっかく無事に王宮に戻ってきたルティナを、そんな危険な旅に出すわけにはいかん!」


「私が姫様を護衛いたします。それならば――」


「ごほごほっ! それもならぬ。アイネス、おのれの腕を知れ。おぬしは確かに我が国では一番の剣の使い手。しかしモンスターの群れはそれ以上に手強い。おぬしではとてもルティナの護衛は務まるまい」


「く。そ、それは――」


 ……なんか、やたら揉めているようだが。

 要するに北西にある【王家の墓】までルティナ姫を連れていけばいいんだろ?


「あの、それなら俺がルティナ姫を護衛しましょうか?」


「エルド様が!?」


「なに……お前が?」


「ごほごほ! おお……エルド、そなた、やってくれるか?」


 ルティナ姫、アイネス、王様。

 三者が三様の反応を示す。俺は彼女たちに向けてうなずき、


「それくらい、お安い御用ッスよ。だいたい、人間ひとり救えずして、どうして国や世界を助けられますか」


 おっ、俺いまちょっといいこと言った?

 てか言ってみたかったんだよな、こういうセリフ。


「よくぞ申した、エルド。……ごほごほっ! では旅立ちの支度として、そなたに良いものを授けよう! 誰か、宝箱を持ってまいれ!」


 王様に命じられた家来が、大きな宝箱を持ってくる。

 おおっ、なんか旅立ちっぽくなってきた。


 昔を思い出すな。勇者アークといっしょに、あの時代のディヨルド王宮に赴いて、王様から似たようなことを言われて、はがねの剣や鉄の鎧など最初の装備と、支度金10000バルクを貰ったんだ。

 当時の俺たちにとって、その装備と金はめちゃくちゃテンションが上がるものだった。その日の夜はあいつとふたりで、豪勢な夕食を摂ったっけ。


「さあ、その宝箱を開けるがよい!」


「ははっ!」


 俺はその場でうやうやしく礼をすると、大喜びで宝箱を開けた!




 ものほしざおを手に入れた。

 こんぼうを手に入れた。

 10バルクを手に入れた。




 ……。

 …………。

 ………………え、なにこのアイテムとお金。しょぼくね?


「すまぬ、エルドよ。ごほごほ、我が国は魔王軍の侵攻によりただいま財政難なのじゃ。この程度のアイテムと現金しか渡せなくて本当にすまぬ。げほげほっ」


「ああ、お父様、ご無理をなさらないで! エルド様ならば大丈夫です。ものほしざおやこんぼうでも、きっとモンスターをぎったんぎったんになぎ倒していってくれまますとも!」


「魔法戦士エルド。お前だけに良いかっこうはさせぬ。私も【王家の墓】に行くぞ。姫様の警護も必ず私が務めてみせる……!」


『ザザザ……。なるほど、そういうことじゃったか……。初代勇者は最初、たった10バルクとものほしざおとこんぼうだけを手渡されて、王宮から旅立ったと伝わる。仮にも勇者が、なんでこんなにしょっぱい初期装備で旅立ったのか、それはディヨルド歴史学の長い謎であったが――まさか当時の王国が財政難だったとは! 貧乏ならば仕方がない! ……ザザザ……』


 例によって三者三様の反応。

 それと『時の宝玉』が雑音を発する中、俺はとりあえずものほしざおを手に持った。


 たけでできている、本当にただのさおだった。

 こんなもんで姫様の警護をすんのかよ。なめてんのか、おい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます