第1章 お約束のようにドラゴンと姫様

「グギャアアアアアっ、どこから現れた!? この人間め!」


 巨大な竜が吼えている。

 体長は、俺の数十倍はあるだろう。

 緑色に艶光りした肌。血走った鋭い眼。鞭のようにしなっているシッポ。


 これは間違いなく――

 モンスターの、ドラゴンだ。


「な、なんだよ、これ。ここ、どこだよ!? 俺、なんでこんなところに……」


 あたりを見回すと、どう見てもここは酒場じゃない。

 薄暗い、洞窟の中だ。壁に小さなロウソクがいくつか取り付けられ、わずかな灯こそあるものの、しかし視界は基本的によろしくない。だが、そんな状態でも目の前にドラゴンがいるのは分かる。そして――


「逃げて! 逃げてください!!」


 ドラゴンの後ろには、小さな牢屋がある。

 その入り口には鉄格子てつごうしが取りつけられていた。

 すなわち牢屋である。その牢の中から、亜麻色の長い髪をした美少女が、俺に向かって叫んでいるのだ。


「旅の方! どうかお逃げくださいませ! 殺されてしまいます!」


「いや、そんなこと言われても。俺、ちょっと状況がつかめなくて……」


「グワッハッハッハ! そうだ、人間よ。逃げたほうが身のためだぞ――と言いたいところだが」


 ドラゴンはゲタゲタと笑い声をあげた。


「あいにくと逃がすわけにはいかん。こっちもこれで退屈していたのだ。なにせさらってきたルティナ姫を見張る役目を帯びてから1ヶ月。戦いもなくまったく退屈しておった!」


「ルティナ姫? あんた、お姫様なのか? それがなんでこんなところに……」


「そ、そうです。わたしは姫……。しかし、ああ、そんなことより逃げてください!」


「なにせこの洞窟と来たら、人間ではとうていたどり着けぬ岩山の奥に作られておる。ゆえに旅人もやってこぬ。さしものオレ様も腹が減っておったのだ」


「いや、待て。そもそもルティナ姫なんて聞いたことがない姫だぞ。あんたどこの姫様なんだ?」


「どこって……わたしはディ……いえ、そんなことはどうでもいいのです。早くお逃げくださいまし!」


「ゆえに人間。オレ様はこれから貴様を食う。……ふふん、見れば貴様、あまり美味そうではないが、まあ今日のところは我慢してやろう。


 貴様のようなヒョロヒョロとした弱そうな人間でも、食わぬよりは腹の足しになろう。

 ああ、抵抗はせぬほうがよいぞ。変に暴れるとかえって痛い。ガッハッハッハ……!!

 どうせ食われるのだから、おとなしくオレ様の餌食にな――」




「さっきからうるせえよ、お前」




 俺は左手で軽く、虫でも払うみたいに動かして。

 ザコモンスターのドラゴンを、吹っ飛ばした。




「あぐぅふ!!!!????」


 ドラゴンはそのまま激しく五体を回転させて、バァン!!!!

 洞窟の壁に全身を打ちつけて、ぶっ倒れてしまった。


「ったく、さっきからぎゃーぎゃーうるせえよ。たかがドラゴンのくせに」


 おかげで、話もできないじゃねえか。

 しかし、これでやっと静かになったな。

 俺はツカツカと進むと、ルティナ姫の前に到着して、鉄格子ごしに話しかけた。


「これでやっと話ができるな。えーと、どこまで話したっけ」


 俺は穏やかに笑いつつ言った。

 つもりだが、ルティナ姫は碧眼を大きく見開かせている。

 えらく驚いた面持ちだが、なんだ? なにをそんなに驚いているんだ?


「あ、あなた。い、いまのは魔王軍最上級モンスターのドラゴンですよ? そ、それを、素手で、しかもたったの一発で……?」


「最上級? 最下級の間違いだろ」


 俺の知っているドラゴンは、たいへんザコい。

 生まれ故郷の村の近くには何体も昼間からうろうろしていたが、魔王軍の中でもきわめて戦闘力が低いモンスターである彼らは、俺や勇者アークでなくても、普通の村人でもときどき退治していたほどだ。弱いけど、倒したあとに手に入る『竜のうろこ』が、売るとそれなりに金になるからだ。


 そのドラゴンを倒したくらいで、なにをそんなに驚愕してるんだ、この姫様は。

 改めて、容姿を観察する。洞窟の中にいたせいか、多少、薄汚れてはいるが、しかしその外見は麗しい。


 腰まで伸びた、流れるような亜麻色の髪に、この上なく整った目鼻立ち。

 絹のドレスで覆われた肢体は、細身でこそあるが、胸元だけはなかなか豊かだ。

 出るところは出ていて引っ込んでいるところは引っ込んでいる、ってやつだな、うん。


 って、なにを言っているんだ、俺は。

 心を読めるリプリカ様がいなくてよかったぜ。

 そうだ、リプリカ様。あの人はどこに行ったんだ。俺はなんでこんなところに――


 と、そのときであった。


『エルドーッ!』


 くぐもった声が聞こえてきた。

 うわさをすればなんとやら。リプリカ様の声だ。


「あれ、でも……どこッスか! リプリカ様!」


 さんざんキョロキョロする。

 しかしリプリカ様の姿は見えない。


 どこだ?

 どこから声を出しているんだ?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます