第5話 504号室の和泉さん

 その翌日の昼下がり、曽根崎は藤田と病院前にいた。阿蘇は、仕事の都合で途中から合流するという。


「……彼女、あのまま帰して良かったんですか?」


 スキニーパンツのポケットに手を突っ込んで、藤田は曽根崎に問いかけた。対する曽根崎は、相変わらずきっちり着込んだスーツの中で、頷く。


「明確な症状が出るまで、恐らく一日二日はかかるだろう。それまで彼女の寝顔を見続けるより、こうして解決策を探った方がいい」

「それもそうですね。彼女には何かあればすぐ連絡するよう言ってますし……。じゃあ、行きましょうか」


 そう言うと、藤田はさっさと歩いて受付に向かった。――こうして見ると、やはり二人はよく似ている。

 曽根崎は、今はこの場にいない、とある青年を思い浮かべた。


「すいません、504号室の和泉さんのお見舞いに来たんですが……。ええ、そうです。小さい頃からお世話になってて……。お姉さん、貴女とても指の形が綺麗ですね。よく褒められませんか?ああ、そうですか。この手を繋いで歩けるなら、オレはその日一日幸せな気分になれるんですけれど……」


 中身以外はな!!

 曽根崎は藤田の悪事を止めるため、早足で受付にその身を運んだ。









 精神病棟に行くのは、二人にとって初めての経験だった。

 まず眼前に広がるのは、無機質な廊下。その両脇には、一定の間隔をあけて扉が並んでいる。圧迫感を覚えるのは、所々に逃亡防止のドアが設置されているからだろう。


 先頭を歩く職員の歩みが、ある扉の前で止まった。扉の上部につけられたプレートには、「504」と書かれてある。


「和泉さんのお部屋はこちらです」


 そう言うと、職員は鍵束を取り出しドアを開けた。


「私は外で待っていますので、終わったら声をかけてください」


 曽根崎らは室内に足を踏み入れる。個室ではあったが、ベッドが置いてあるだけの簡素な部屋だった。そのベッドの上に、点滴に繋がれた一人の女性が横たわっている。


 曽根崎は最初、彼女は眠っているのだと思った。

 しかしその直後に彼は自分の思い違いに気がつく。


 ――美知枝は、開き切った目を天井に向け、硬直していた。引っ切り無しに何事かを呟く、その口元以外は。


「和泉美知枝さんですね」


 曽根崎は美知枝のベッドの隣まで行き、声をかける。だが、反応は返ってこなかった。

 ならば、と彼は彼女の口元に耳を寄せる。異常なまでに早口で大変聞き取りづらいものではあったが、かろうじて彼女の言葉をいくつか拾うことができた。


 ――あしがないあしがないああうでもないうで、うで、あし、くび、ないないないないないないない。


 それは、まるで蛇がのたくるような苦悶の呪詛だった。


「話に聞いた通りだな」


 その異様な姿に、知らず知らずの内に曽根崎の顔には笑みが広がる。

 掛布団の上から確認するに、確かに手足はしっかりと存在している。ただ、指先がぴんと強張ったように伸びていることだけ、奇妙だった。


「かなりひどい衰弱状態にありますね」


 曽根崎の横で藤田が言う。彼女の髪の根元は全て白髪になっており、目の下には曽根崎と同じくらい濃い隈ができていた。


「……藤田君はどう思う?」

「余裕で抱けます」

「すごいな君。いやそうじゃない。涼香さんと照らし合わせて、何か気づく事は無いかと聞いてるんだ」

「うーん……特に思いつくことは無いですね。娘さん達ならば何か気づけたのかもしれませんが」


 その時だった。今までただ虚空を見つめるだけだった美知枝の目が、ギョロリと藤田を捉える。それに二人が反応する前に、聞くに耐えないガラガラの声で彼女は叫んだ。


「私に娘などいない!!」


 だが、それだけだった。叫び終えると、糸が切れたようにまた彼女は虚空を見つめる目に戻った。


 驚いて何も言えなくなった二人は、慌てた職員が数人部屋に入ってきた所でようやく我に返る。


「ちょっとすいません」


 美知枝の主治医らしき男性に、曽根崎は声をかける。男性は振り返ると、曽根崎の怪しげな風体を見て微かに嫌そうな顔をした。

 しかし彼は当然気にしない。


「美知枝さん、大丈夫なんですか?」

「まあ今のところ、良くも悪くもなってませんよ。入院当初と変わりません」

「……彼女の他に、同じ症状の患者がいると聞きましたが」

「そんな話も聞きますね。もっとも、詳細は目下調査中でまだはっきりした事は言えませんが」

「そうですか。ありがとうございます」


 聞いたタイミングが悪かった為か、ここでタイムアップとなった。二人は間もなく病室を追い出され、仕方なく病院の外に向かう。


 雲一つない青空が広がる下で、曽根崎はやっと顔の筋肉を緩めることができた。入り口に設置された自販機の前まで行き、千円札を入れて藤田に尋ねる。


「藤田君、何飲みたい?」

「コーヒーのブラックで」

「君、甘党じゃなかったっけか」

「それ阿蘇の方でしょ。オレは苦い方が好きです」

「そうか」

「はい」


 何となく、藤田の元気が無いように曽根崎は感じた。

 ……知人の母のあんな姿を目の当たりにしてしまえば、それも無理からぬことかもしれない。

 ベンチに座って缶コーヒーを手渡しながら、曽根崎は自分もプルタブを開けて缶に口をつけた。


「曽根崎さん、何飲んでるんですか?」

「コンポタ」

「そんなすぐ飲んで火傷しません?」

「あんまりわからないんだよな。忠助には舌が鈍いって言われるけど」

「あー、ディープキスが盛り上がらないタイプだ」

「そうなのか?いや決めつけるなよ。すっごいかもしれないぞ、逆に」

「試してみます?」

「絶対嫌だ。私の預かり知らぬところで勝手にやってくれ」

「つれないなぁ」

「大体君なら相手に不足しないだろ。近場で調達するんじゃない」

「近場は近場の良さがあるんですよ」

「知ったことかよ。塩撒くぞ」


 ちょっと元気が無いかと思ったが、いつも通りだった。むしろ絶好調じゃないだろうか。

 束の間、現実から逃げるような会話の後、曽根崎は本題に入る。


「……これは仮説なんだが」

「あしとりさんのですか?何かわかりましたか」

「まああくまで私の想像だけどな。あしとりさんは、人から人へ乗り移っているのだと思う」


 対する藤田は、やっと一口コーヒーを飲んで答える。


「人から人へ?」

「そうだ。つまり、噛まれたら噛まれるだけ広がるゾンビタイプじゃなくて、一人ずつ取り憑いて呪い殺していく怨霊タイプだといえる」

「ああ、なるほど。つまり一定の症状まで進んだら、次の対象へと移るんですね」

「その通り。入院してから、美知枝さんの症状が進行していないことが証拠だろう。そうなると、もう和泉美知枝さんの体にあしとりさんはいないという事になる」


 それが一体何を示すのか。藤田は、片手で前髪をぐしゃりと掴んだ。


「……じゃあ、一度あしとりさんに取り憑かれたら、二度と正気に戻る術は無いと?」

「そこはまだわからん。調査が足りない」

「どう調べるというんですか」

「一つだけアテがある。忠助からもらった、患者の資料を見ていてわかったんだが――」


 曽根崎が言いかけたところで、藤田のスマホが鳴った。その画面に表示された名は、まさに昨日会った女性のものだった。


「……どうしたの?」


 通話ボタンを押し、涼香に問いかける。電話の向こうの声は、ヒステリックに泣き叫んでいた。


「――わかった、今から行く。すぐ着くから、安心して待ってて」


 そして、スマホから顔を上げた藤田は曽根崎に言った。


「また、夢にお母さんが出たそうです」

「それであんなに泣いていたのか?」

「まさか」


 藤田は勢いをつけるようにコーヒーを煽り、息を吐いた。


「――とにかく、彼女の家に行きましょう。オレが話すより、直接聞いた方がいい」


 藤田の横顔は、青ざめていた。ただならぬ彼の様子に、曽根崎はそれでも問いかける。


「藤田君、あしとりさんが正体を現したんだな?」

「……ええ、恐らくは。そして、彼女はこうも言っていました」


 目を瞑り、藤田は缶を握りつぶす。


「次に見る夢で、母は私の元に来てしまう、と」


 ああ、急がなければ。

 曽根崎と藤田は、その言葉を最後にベンチから立ち上がった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます