亮の迷い

 りょうは父の背後を歩いていた。

 父駿岳しゅんがくは、迷いなく前に進んでいく。油断すれば即座に差をつけられてしまうだろう。

 そうでなくとも、亮の足は今にも止まりそうだった。

 ――この先に行きたくない。

 故郷の村を発った時から、頭の中で何度もわめいている。十五歳になって、父と同じく足軽として戦場に出るようになった。いつ敵と向き合ってもおかしくないし、そうなった場合、相手が誰であれ殺さなければならない。怯えや迷いを抱いている場合ではない、というのに……

 北近江で浅井長政と対峙した時は、駿岳に心の中の怯えを見抜かれたのだろう。撤退していく朝倉義景の追撃に、父は亮の同行を許さなかった。

 ――お前はそこにいろ。敵は兵を動かせない。大きな戦闘にはならないはずだ。

 そう言っていた。

 実際、父が越前国に発ってからも、浅井長政あさいながまさは抵抗らしい抵抗をしてこなかった。居城の小谷城を包囲され、兵は少なく、救援に来た朝倉義景あさくらよしかげは押し返された。まさに孤軍となり果てて、敵の家臣も次々と織田信長に寝返った。皮肉といえば皮肉だ。

 駿岳は十日前後で北近江に戻ってきた。

 父が無傷で戻ったことに、亮はひとまずほっとした。しかし父の一言で、亮の背筋は凍った。

 ――一乗谷に火を放った。当分は人も住めないだろう。

 変だった。一乗谷もまた、戦に関係ないはずの者たちが大勢暮らしている。朝倉義景が一乗谷に逃げ込んで、それを追跡しなければならなかったにせよ、放火までする必要があったのか。

 まさか父は、兵でもない民にまで手を……?

 父にそんな疑惑すら湧いてきて、亮には、なかなか振り切れなかった。

 それでは、まるで

 三年前に垂井で故郷の村に火を放った、朝倉義景の兵たちと大差ないではないか。

 もちろん、一乗谷への放火は、命令されてしたことなのだろう。

 でも、垂井の家の前で母が殺されたことを踏まえて、そんな行動をしたのか。

 亮はそんな疑問を、父にぶつけることもできず、ただ胸の内に抱いていた。

 ……と、

 前を歩いていた駿岳が、足を止めた。亮は父の隣まで追いつく。

 亮の背丈は、すでに父と並んでいる。三年前は父の顔を見上げていたのだが、今はそうする必要はない。

「……まだ迷っているのか」

 小さな声でささやいてくる。

「迷えるうちが幸いだ。戦場、それも激戦地となれば、そのような時間もなくなる」

 周囲の味方に聞かれないように、こんな風に声を絞るのだろう。聞かれれば、亮は士気のない臆病者とみなされかねない。

 兵たちの中には、そうした兵が周囲に悪影響を及ぼすのを恐れる者もいる。そして戦場の混乱に紛れて、殺してしまうこともある、らしい。父駿岳に聞いた話だが。

「この先、敵味方の区別だけはつけるようにしろ。目の前の輩が敵と判断したなら、迷うな」

「父上は、迷わないのか」

 亮もまた、小声で尋ねる。この一言に、ずっとつきまとっている父への疑念すべてを込めたつもりだ。

 隣の駿岳は、無表情のままだった。

「今さら迷う暇もないよ」

「越前国でも、そう割りきっていたのか? 一乗谷に火を放ったってことは、やっぱり抵抗を受けて……」

「もう過去の戦だ。持ち出してどうする」

 逆に父にたしなめられて、亮は黙り込んだ。

 やはり、答えてはくれないのか。

「一乗谷の件は、朝倉の残党に抵抗を受けたからだ。それに焼き払っておけば、越前の朝倉による支配は終わったと知らしめることにもなる」

「そこに暮らしていた人たちは?」

「避難していたらしい。あまり見かけなかった。一乗谷を出た後は、順調すぎるほどだったよ。民も変な抵抗をしてくることもなかった」

 亮は、ほっとした。父の手が、血でさらに穢れたというわけではない、ということか。

「じゃあ……」

「だがあの地は、平穏なままではない。近いうちに混乱に陥る」

「どういうことだ?」

「何が起こってもおかしくない。越前には、いずれお前も赴くことになるだろう。そうなった場合、さっきの言葉を思い出せ」

 無理にでも納得するしかなかった。今は些細な事情で、いつどこで戦が起こったり、おとなしかった民が蜂起したりしてもおかしくないのだから。

慶充よしみつという男を覚えているか?」

 駿岳が発した言葉に、亮はえっ、と洩らした。

「忘れていない。三年前、敵なのに俺を助けてくれた」

 だが母は死んだ。慶充という一瞬しか会ったことのない少年は、今でも、母の死に顔と一緒に思い出される。

「彼と会った」

 何食わぬ顔のまま、駿岳は告げた。

「本当か」

 あの少年は、まだ生きている。朝倉の軍勢に属していたから、ひょっとしたらと思っていたけれど、父からその言葉を聞いて、亮はほっとした。

「立派な青年になっていた。妹や、知り合いらしい少年と一緒に一乗谷から逃げていた。もちろん、私たちのことも覚えている」

 たった一瞬のことなのに、相手も覚えているなんて。亮に、ほのかな期待が生じてきた。もしどこかで会えたら、感謝していることを伝えたい。

三年前に敵が放った矢が飛んできて、亮は死ぬかと思った。だがあの時、慶充が刀で矢を払い落としてくれたおかげで、自分はこうして生きている。でもあの時は、慶充とは一言もかわせないまま別れてしまった。亮には、それが何となくでも悔やまれる。

「その慶充も、殺さなければならなくなる」

 亮の期待を裏切るように、駿岳はそう言った。

「どうして」

 恩人に対する不穏な言葉に、亮は食らいついた。

「まだ予測にすぎないがな。越前国にもしもの事態が起これば、ということだ」

 父は、挑発しているのか。戦場に出るようになって、戸惑いばかり抱える亮はたしなめるために。

 だがその割には、駿岳の言葉に確信めいたものが潜んでいた。軽口などではない。越前国に直接赴いたからこそ予測できるほどの、何かがあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます