77.5話 ドクターとLEチルドレン5 ~ドクター・ギルの決意~

「彼ら……逃げたりしないでしょうか?」


 重たい車内の空気の中、一人の兵士が大佐に問う。


「こちらが把握している事も、ギルフォードは分かっている。そんな無謀なことをする男ではないよ」



 ふぅ……と、大佐は大きく溜息を吐きながら呟く。


「後で彼に伝えておいてくれ。残りの子供達は俺が責任をもって預かる……と。まぁ……コールドスリープという形にはなってしまうが……」


「分かりました」



 再び大きなため息。



「これで彼が心を入れ換え、研究に専念してくれれば、一芝居打った甲斐があるんだが……。……やはり悪役には成り切れんな……」


 大佐が帽子を深く被り直す。


「……そうですね」


 帽子の奥から雫が零れる。



「でも、大佐が裏で色々と動いていたことを彼が知ったら、また甘えてしまうでしょう」


「甘え……だと……? お前が同じ立場だったら、選べたのか!? 自分が選んだ人間が死ぬんだぞ!?」


 大佐の怒号で車内がビリビリと揺れる。


「いえ……失言でした……すみません」


 部下の自分を思う気持ちも、ギルフォードを軽んじる気持ちが無い事も分かっていたが、大佐は今回の件で、結果的に子供達を救えなかったことにとても憤りを感じていた。


「階級が上がるだけで、無力なのは昔と変わらんな……」


 大佐は拳をギリギリと握りしめ、窓の外の夕焼けを眺めた。






「そういえば、検知器なんてあったんですか?」


「いや、ない」


「ならどうして、あんなところに感染者が隠れていると?」


「軍に市民から電話があったらしい」


「はぁ……珍しい市民がいたもんですね」









 ギルフォードと子供達は、日が暮れても泣き続けた。

 こうなってしまった原因をギルフォードがいくら考えても、自分以外の誰かのせいにするしかなかった。

 今自分を責めてしまったら、二度と笑えない気がする。

 でも、責める他人も思い浮かばない。

 世界が憎くて、憎くてしかなかった。


 軍から連絡が入り、選ばれた子供以外の子供達をコールドスリープさせてもらえることを知った。

 当時のコールドスリープは一部の金持ちしか使用することが出来ない程貴重だった。

 思わぬ好待遇にギルフォードは驚いたが、これで正真正銘、子供達と過ごせる最後の夜となった。

 コールドスリープで眠る時間は最低でも100年。

 それより早く起きてしまうと、後遺症や脳に障害を及ぼす可能性が高く、最悪の場合死んだように眠り続ける。

 つまりギルフォードが生きている間、子供達を起こすことが出来ないのだ。





「ドクター? 今日は帰らなくていいの?」


「あぁ、今日はずっと一緒だよ。家族にも連絡した。一応聞くけど、僕が今日ここに泊っていってもいいかい?」


「へへ、当たり前だよー」



 子供達がにへらっと笑う度、ギルフォードの目の奥がぎゅうっと締め付けられる。

 けれど、もう涙は出てこなかった。


 ギルフォードと子供達はたくさん話した。

 たくさん。

 ほんとうにたくさん。

 月が白くなって、お日様が顔を出すまで。


 やがて角部屋に朝日がさし、部屋が温められると、全員気を失ったように眠った。








 一カ月後。

 ギルフォードは研究所にいた。

 けれど、以前の情けなかった姿はもうどこにもない。



 更に数年後。

 彼はSTARS計画を実行し、アーティファクトを完成させた。

 彼が作ったアーティファクトは世界の常識を覆す程のものだった。

 誰かを傷付けるためではなく、誰かを守り抜くため……そしてアーティファクト達が無事に帰ってこれるように。

 ギルフォードの常軌を逸した祈りは、文字通り次元を超えた技術を生んだ。

 そしてそれらすべてを5体のアーティファクトに注ぎ込んだ。

 富裕国の経済が傾くほど資金を注ぎ込み、彼らは完成した。













「今回の君達のミッションは、隣国に奇襲された駐屯地に赴き、味方軍の保護、及び敵軍の勢力を抑える事。訓練通りにやれば全く問題ないと思うけど、くれぐれも無事に帰ってくるようにね」


「「「はい! ドクター!」」」



 戦火の夏空に、からんとした声が響いた。









 これはとある科学者の決意のお話。

 世界を救った小さな人形達の、始まりのお話。









――――――――――――――

あとがきです。

唐突な過去話、いかがでしたでしょうか……。

結構勢いで書いてしまったので、完成度に疑問なのですが汗


邪魔だったら削除しようかと思います。

よかったらご意見聞かせてもらえると嬉しいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます