66話 ドロップ・ティアーは煌めかない

「N2! 大丈夫か!?」


 赤いロボットの気配が消えると同時に、N2に駆け寄る。


「はは……だいじょばないかも。変な感じ」


「喋ることは出来るんだな……よかった……。けど、どうすりゃいいんだこんな傷。またこぶ集めりゃ直んのか?」


「……。レイ、体がだるい。おぶってくれ」


「まじかよ、しゃあねーな。ほれ」




 傷口の帯電状態は徐々に収まりつつあるが、N2の体の具合がどうにも良くないらしい。

 俺がN2を背負っても、N2の重さはほとんどないし、俺自身怪我もしていないからなんてことはない。

 御安い御用だ。


 赤いロボットの脅威は去った。

 あいつはいったい、いつからこの星にいたのか。

 この森の動物は、いつ出現したのだろうか。

 猿とどんな関係があるのか。

 あのロボットは何故、襲う側から一変して助けてくれたのか。

 N2達と違って、あいつには記憶があるのだろうか……。


 聞きたいことがたくさんある。

 もう会えるか分からないけれど。


 猿達が倒れるなか、泥まみれの雛がずっと鳴いている。

 この状況で親鳥である鳩を持ち帰り、食うことが出来たら、人として終わってる気がするな……。


「はぁ~、諦めるか」


 雛から親鳥を引きはがし両手でそっと持ち上げる。

 ぬかるんだ地面で申し訳ないが、穴を掘り簡易的な墓を作ってやった。


「いいのか? 食べなくて」


「流石になー。代わりにこいつ育ててみようと思うんだが、どうだ?」


「いいね」


 雛をそっと拾い上げると、今度は安心したかのように鳴き止んだ。

 でもこんなに体が濡れていたら命を落とすのは時間の問題だ。

 猿もいつ起きて襲ってくるか分からないし、とにかく今は船へ帰ろう。


 ジャングルを抜け、ミニN2に手を借りて崖を上り、平坦な道を歩いて宇宙船を目指す。

 元気のなかったN2が、背中の上でふつふつと話し始めた。


「あの赤いの、強かった……」


「あぁ、強かったな」


「負けちゃった……勝てなかった……。レイすら守れなかった……」


「まぁ……うん。でも、こうして無事なわけだしさ」


「グス……私は……アイボウ失格…だ」


「おいおい、泣いてんのか!? 泣くのかロボットって!?」


「な゛いでな゛い!」


「あーはいはい、わかったよ」


「ぅぅ……なによりも、レイがな゛おしてぐれた体を……ごんなにしてしまったッ…グス……せっかく、一生懸命直して……くれだのに」


「また作ればいいよ、お前が無事でよかった」


「よ゛ぐな゛い!」


「もー、めんどくせーなー」


「猿達も……ちゃんと目覚めるだろうか……グス」


「脈があるのは確認したろ、大丈夫だよ」


「きっと、とても慕ってたんだ……あの赤いのを……。だから……グス…命令されてもないのに……私達を……。赤いのもとても怒ってた……グス…悪いことをしてしまった……」


「でも俺を助けるためだったんだろ? 俺にとって、お前は正しいことをしてくれたよ」


「そうかな……」


「そうだよ」



 N2は宇宙船に着いた後も、夜になってもぐずったままだった。

 赤いロボットに一方的にやられたのが相当堪えたのだろうか。


 それにしても、N2の泣き声には驚いた。

 泣くこと自体にも驚いたが、いったい何のために必要な機能なんだろうか。

 泣き方も、人が実際に泣いているようにも聞こえた。

 どうやって鼻をすする音を出しているのかは謎だが。


 部屋に戻ると、机にちょこんと座り込んだN2がいた。

 その目には、濁った涙のようなものを溜めている。

 泣き声だけじゃなく、涙を流す機能もあるのか?


 その際に目に溜めた滴が床に落ち、床が土色に染まった。

 なんだ、涙じゃなくて顔についた泥だったのか。


「調子はどうだ、N2」


「元気だよ」


嘘つきめ、こりゃ機嫌が直るまでしばらくかかるな……。


 持ち帰った雛には、葉っぱを集めた巣を作ってやった。

 今はその巣の中でおとなしくしている。


 雛には虫や木の実を上げてみた。

 大きいものは口から零れてしまうが、小さいミミズなんかをよく食べる。

 成長してあの危機感が全く無い鳩に育ってしまうとしたら、何か手を打たないとな。

 せっかく育てても、泥に頭を突っ込んで死んでしまっては困る。

 出来る範囲で世話してやろうと思う。



 その日の夜はやけに静かだった。

 普段聞こえる虫の声が聞こえないし、外に蛍も見当たらない。


 今日のところはひとまず寝よう。

 さて明日は何をしようか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます