64話 ギャツビー・レッドは咲わない

 赤い目をギラつかせながら、猿達が飛び掛かってくる。


 ぬかるんだ地面でのこの跳躍力が、猿達の身体能力の高さを物語っている。

 まぁ猿だから当たり前と言えば当たり前だが。


 割りと危機的な状況のくせに、頭は妙に冷静で、猿達の跳躍軌道がなぜかよく見える。

 最初の3匹の攻撃を身を捩ってかわし、追撃しに来た2匹の攻撃はサイドステップで回避。

 この際だ、鳥は意地でも持って帰って食ってやる!


 猿達の動きは目では追えるが、体が反応に追い付いていかない。

 地面のぬかるみの影響もあるだろうが、脳と体の神経伝達にズレがあるような妙な感覚だ。


「よしな! こいつらはこの間の機械とは、わけが違う。アタシがやるから下がってな!」


 赤いロボットが猿達を静止させようとするが、目が血走った猿達はロボットの言うことを聞かず、更に突っ込んで来る。

 この間の機械ってことは、こいつ以外にも機械がいて、それに遭遇したってことか?


 猿達をギリギリでかわしているが、これじゃキリがねぇ。

 N2に倒させてもいいが、赤いロボットとの溝は深まるばかりだろうな……。


「N2、こいつに聞きたいことが山ほどあるが、一旦引くぞ!」


「おーけーっ」


 全力で、かつ、木の間を縫うようにジャングルを駆けるが、足場の悪さもあってすぐに追い付かれてしまう。


「レイ! ぬかるみが少ない場所を選ぶ! 私が着地した場所を踏んで走れ!」


 N2に先導されながら走り、宇宙船の方を目指す。

 地上を走っていた猿達を少し引き離すが、樹上の猿達は地上よりも素早く移動し、俺達の頭上を走る。


「無理だな、追い付かれる。レイ、戦おう」


「やるしかねぇか……。N2、殺すなよ」


 足を止め、追いかけてきている猿の群れに向き直る。


「最終警告だ! 皆、止まれ!」


 N2が申し訳程度の警告をするが、猿達は構わず突っ込んで来る。


「警告はしたぞ」


 N2の両手からふわふわと玉が飛び出し、向かってくる猿めがけて高速で移動していく。

 玉が猿の下顎を小突き、手前の猿から順にその場に倒れ込んでいく。

 どうやら脳震盪を起こし、気絶させているようだ。


 仲間が倒れても猿達は突進をやめない。

 生き物の行動としては常軌を逸しているが、あのロボットが強制的に操っているようにも見えなかった。

 地上の猿を倒し、樹上の猿も残らず倒しきったところで、つかの間の静寂が辺りを包んだ。


「……制圧完了」


 浮遊していた白い玉がふわふわとN2の手元に戻り、再びN2の体へ吸収される。

 辺りには気絶しているであろう猿達が、散らばるようにして倒れている。

 まるで地獄絵図だな……。


 静寂から一変、逃げてきた方向からチリチリと電気が弾ける音が聞こえてきた。

 そして薄暗い木々の奥から、倒された猿達の間を抜けて、小さな赤いロボットが現れた。


「お前ら……言い残すことはあるか……」


 表情なんて見なくても、声色だけでキレてるのが分かる。

 それも、出会い頭のキレ方の比じゃない。


「猿達が悪い!」


 N2がハキハキと答える。

 もう火にガソリンを注がないでくれ……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます