35話 じゃっくないふ

 黒い生命体は両腕を前に突き出し、腕を変形させ始めた。

 元々炎や液体を吐き出す部分が内部に仕舞い込まれ、細長い刀身が姿を現す。


 デカN2の体は、星の至る所に落ちている金属の端材で作られている。

 その金属に、金属の刀で対応しようというのだろうか。

 しかもあんな細い形状の刀で。


 デカN2が体制を立て直すと同時に、黒い生命体は再びデカN2に突進していった。

 負けず嫌いのN2は、今度こそ蹴飛ばされまいと、デカN2の腕を胸前で交差し防御態勢を取る。

 黒い生命体は速度を増しながら、デカN2目掛けて突っ込んでいく。

 距離が近づくにつれて、黒い生命体の刀が赤みを帯びていく。


 なんだ?

 何をしようとしてるんだ?

 後手に回ればやつの思う壺だッ

 きっとあの赤い刀には仕掛けがあるはずッ


「N2!! 受けちゃダメだ!!」


 N2が即座に反応し、横に飛んで回避するが、振りぬかれた刀身がデカN2の左腕に接触した。

 一筋の赤い線がデカN2の左腕に現れ、その線から先の部分が地面に崩れ落ちた。

 金属を切りやがった!


 刀身を高熱にし、溶かしながら切ったのか?

 原理は分からない。

 けど、確かにやつは金属を切り落とした。

 デカN2は操作されているので、腕を切り落とされてもノーリアクションだが、N2は金属を切断した刀に興味津々だった。


「ずるいぞ! どうやったんだそれ!」


 超振動か? もしくは超高熱? 、とぶつぶつ言っている。

 次第には、切られたら分かるかも……とまで言い出した。

 頼む、真面目にやってくれ。

 お前も同じ材料で出来てるんだから、切られたらまずいだろ。


 よし、とどこか聞き覚えのあるニュアンスで、N2が何かを決意した。

 デカN2の切られた方の腕を振りかぶり、そして黒い生命体の方へと振り下ろす。

 すると、腕の付け根から先が切り離され、黒い生命体の方へと飛んでいった。

 どうやらチップを操作して、自ら切り離したらしい。

 黒い生命体は切り離された腕を刀で一刀両断し、何事も無かったかのように構え直した。


 どうすんだよ、左腕なくなっちゃったぞ。

 更に細かくなった腕が地面に落ちる頃、N2がむむむ、と力み始めた。


 そして響く脳内アナウンス。

(「N-2049が新たに[arts]を作成しました。[arts'No_08]として登録します」)


 で、でた……。

 前も似たようなこと言ってたな。

 けど、今回はシチュエーションが違う。


 何がきっかけだ? と考えていると、N2の右腕が淡く輝き始めた。

 一瞬眩しい程の光を発した後、N2の右腕は白色のナイフに変わっていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます