21話 カイセキ

 

「私の右腕は、物体の構成情報を解析することが出来る」


 N2は少し得意げにそう言った。

 突然難しそうな言葉を言うものだから、少し驚いてしまった。


 構成情報というと、どんな成分が入っているか、とか?


「例えばこの木の実は、大きく分類すると、15種類の成分で構成されている」


 おぉ、なんかカッコいいぞ、それっぽいそれっぽい。

 多分ビタミンとか、炭水化物とかの栄養素のことかな?


「しかし、それが何の成分なのかは分からない!」


「わかんねぇのかよ! あ、でもそうか、栄養素の概念がないのか」


 N2が見た図鑑と小説には、上記で挙げたような栄養素は出てこない。

 つまり、物体の含有成分自体が分かっても、それを表現する方法がないんだ。

 俺も詳しい知識はないから、教える事も出来ない。


「そこでだ。あの図鑑の情報を、私の解析で裏付ける方法を考えた」


「毒、か?」


「私が言いたかったのに! そう、レイの言う通り。図鑑の有毒情報が、成分を解析するにあたって重要なカギだった。私の解析だけだと、どの木の実もほとんど同じ成分で出来ている、ということくらいしか分からない。けれど、何か比較対象があれば話は別だ」


 N2は近くの水溜まりを右腕で触れると、


「この水溜まりは、見た通りほぼ水分で構成されている。私の右腕の解析結果は、水溜まりの98%が水分で出来ていると示している。残りの2%は複数の成分で出来ているけど、私が認知しないため、何の成分かまでは分からない」


 続いて、俺が投げ捨てたハナミズキの実を拾い上げ、


「この実の成分は、76%が水分で出来ている。これは私が、水という成分を認知しているために導き出せる結果だ。そして15種類の成分の内の1つが水分、ということになる」


 なるほど、なるほど?


「その他の24%が、残りの14種類で占められた割合。水分を含め、どの木の実も同じような構成で出来ている。一部を除いてね」


 ふむ、だいたい読めてきたぞ。


「つまりN2、その一部ってのが有毒な成分で、毒を含んだ木の実だと考えたってことか。で、図鑑の情報と照らし合わせるt…」


「あぁ、私が言う、私が言う! 図鑑の情報と照らし合わせると、その一部を含んだ木の実が有毒という表記がされていた、というわけさ!」


 捲し立てるようにN2が言い放つ。

 まったく、油断も隙もないんだから、と何かぶつぶつ言っていた。


「人体にとっての【有毒】が、どんな症状を引き起こすのか分からない。けれど、私がいればその危険を回避出来るはずだよ」


 レイが無事にこの星から出られるのなら、私はどんな努力だってするさ、とN2。

 そこまで感謝されることをしたつもりは全くない。

 けれど俺だって、お前がいなかったら、どうなってたか分かんないんだぜ。


 水溜まりでバシャバシャと足踏みし、足に付いた泥を落とすN2をしばし眺め、次なる変化に備え俺達は船内へと戻った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます