19話 セイチョウ

 

「おはよう、レイ。見て、木の実」


 ベッドから身を起こすと、N2が木の実らしきものを両手いっぱいに抱えて立っていた。

 寝起きでぼんやりした思考を、無理矢理覚醒させる。


「まてまて……。順を追って説明してくれ……。俺が寝た後、何がどうしてそうなった? 」


 よく見ると、N2の足は泥で少し汚れている。

 恐らく俺が寝ている間、外に出ていたのだろう。



「レイが寝て、しばらくは図鑑を眺めていたのだが、45分程経った頃アメが止んだんだ。シェルターの入り口を開けたら、だんだん外が明るくなって、ぽかぽかしてきた。雲の隙間から光がさして、それはそれは心地いい光景だった」


 船内で色々している間に、雨が上がって夜が明けたのか。


「それでね、それでね、夜明け前は暗くてコケしか見付からなかったけれど、よく見たら小さな芽が出ていたんだよ。朝が来て、明るくなってから気づいたのだけれどね。何の種類か確認しようと近くに寄ったら、みるみる成長していたんだ。葉を広げ、茎を伸ばし、また葉が増え、あっという間に私の丈と同じ高さになった」


 やはり、発現したのはコケだけじゃなかったか。

 あの雨で、地面に眠っていた種子が目覚めたのか?


「そこからは圧巻だった。更に背を伸ばす植物、実をつける植物と様々で、その時実をつけた植物から、ちぎってきたのがこれだよ。その際に土の水分が減っていくのも同時に確認できた。以上、報告おしまい!」


 なるほどな……。

 経緯は大体分かった。


「レイにも景色が変わっていく様子を見てもらいたくて、起こしてしまった。すまない」


「いや、むしろ助かった。ありがとう」


 よかったぁ、と肩の力を抜いた際に、木の実がいくつかポロポロと、N2の腕から零れ落ちていく。

 あわわわ、と拾っては零しを繰り返すN2に、一度木の実を机に置くよう促す。


「木の実もありがとな。とりあえず置いておこう。早速だが、景色を見に行くか」


 小さめの皿に木の実を移し、N2と共に船外へ向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます