10話 ゲート

 

 まるでガスバーナーのように、勢いよく炎が燃え盛る音がした直後、轟音と共にエネルギー弾は放たれた。

 壁の亀裂にエネルギー弾を撃ち込んだ反動で、高さ7メートル程の位置から、うわぁと間の抜けた悲鳴を上げながらN2がこちら側へ飛んでくる。


「おっとと、へへ、ナイスキャッチー!」


「うむ、助かった。ありがとう。さて、壁は無事に吹き飛んだかな?」


 噴煙舞う空中を確認すると見事に穴の開いた壁が姿を現した。

 頼もしいというか恐ろしいというか、改めてN2の規格外さを思い知る。

 いったい腕から何が飛び出したらこの光景に変わるのだろうか。

 亀裂自体は俺の手が届かない高さにあったが、元々崩れかけていたのか、壁の半分が倒壊し、壁の向こう側へと繋がった。


 壁の向こう側は更に通路が続いているかと思っていたが、今度は新たな壁が現れた。

 壁と言っても単なる壁ではなく、中央部にゲートを持つ壁だ。

 材質は金属、ゲートの上部に赤くぼんやり光るランプを除いては、これといった装飾もない。

 しかし、様子がおかしい。

 ゲートは扉が上に持ち上がるタイプのものらしいのだが、もう既に開きかけていて、隙間からは僅かに白色の光がこぼれている。


 開きかけているといってもN2がやっと通れるほどの小さい隙間程度だったが、違和感を感じ取るのには十分だった。

 先ほどの衝撃で?

 いや、扉が上には持ち上がらないだろう。

 では元々こういう半開きのつくりなのか?

 恐らくそれも違う。

 先ほどN2が壊した壁の奥にあったんだ、違うとみていい。

 近付くべきか否かを悩んでいると、知らぬうちにN2がゲートへと歩いていて、


「お邪魔しまーす」


 といって中に入って行ってしまった。


 戻って来い、と呼びかけても平気平気ー、といって気には止めてくれなかった。

 先ほど壁を壊したことで調子に乗っているのだろうか。

 まったく、こっちが無防備になるということを理解してほしい限りだ。

 俺の心配をよそに、ゲートの中から何やらガチャガチャと音がし、やがて開きかけていたゲートが徐々に解放されていく。


 どうやらN2が中から操作し、ゲートを開けてくれたようだ。

 奥は暗くて見えなかったが、ゲート前でこちらを向いたままドヤ立ちをしたN2が迎えてくれた。

 ドヤ立ちという表現が適切かどうかは分からないが、とにかくN2は誇らしげだった。


 ゲートが徐々に開くにつれて、内部が明らかになっていく。

 ゲート内部は5メートル四方の部屋になっていて、ゲートから漏れ出ていた白色の光の光源は、部屋の中心に鎮座しているガラスケースだった。

 大きさは人の頭部と同等かそれ以下で、縦長の長方形の形をしている。

 何かを保管していたのだろうが、ガラスケースは破損していて、ただの光を放つオブジェとなっていた。


 N2がオブジェを不思議がって近付いていくと、白い光がより一層強くなった。

 それと同時に、部屋の内部が更に明るく照らされていく。

 その時俺は一番見たくないものを見てしまった。

 遭遇してはいけないものと遭遇してしまった。


 部屋の奥には黒い生命体がいた。


 しかし停止しているのか否か、俺たちを襲ってくる様子は今のところない。

 N2に開けられた穴が効いているのか、その場を動くことはなかった。

 俺は思わず声を潜め、気付かれずにこの場を去りたかったが、天真爛漫な相棒の存在を忘れていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます