COLOR TIMER ~最後の三分間~

作者 板野かも

74

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 こんな人におススメ
・最近SSSSGRIDMANを見た人
・特撮作品をこよなく愛する人
・厨二病的な語り口が好きな人

タイトルから想像できるように設定は完全にウルト〇マンです。しかし戦闘描写が心地よいリズムと厨二病的語り口で巧みに紡がれており、胸をアツくしながら読むことが出来ました。また短編の中に上手いこと人間ドラマを組み込んでいるので、特撮に興味ない人でもかなり楽しめると思います。三千字の短編なので、時間と興味ある方は是非に。

★★★ Excellent!!!

 遠い星からやって来た巨人は、ヒトの姿を借りて地球人として暮らし――そこで暮らす者達と友人になり、恋を知り、見守り、そして戦う。
 全ては怪獣の脅威から、この星を守るために。しかしその使命は、堪え難い決断を伴うものであった――。

 細かい背景描写から登場人物の機敏、破壊シーンに至るまで、全てが特撮愛に溢れている傑作短編です。読んでいるだけで映像が浮かんでくるような臨場感は、特撮ファンの方にもそうでない方にもぜひ味わって頂きたい!
 おススメです!(^^)

★★★ Excellent!!!

 昭和ウルトラマンしか知らない私だが、世代に関係なく楽しめる傑作活劇。
 登場人物全員が……ただの地球人も含めて……自分の目的意識に誠実で中途半端な妥協をしない。そこには純粋なる結晶としての生命が輝く。
 愛と破壊に満ちあふれた本作、怪獣の咆哮は理不尽な運命への怒りか、解放への喜びか!

★★★ Excellent!!!

作者様の特撮萌え、じゃなかった、特撮愛に満ちた作品です。
これね、もうただ単にあのヒーローのシナリオ(あらすじ?)ですね。
それも平成版。最近のスピンかかった例のヒーロー物だったら十分にありそうなストーリーです。なんかテレビ見てる気分でドキドキしながら読みました。

何を書いてもネタバレになるのでこれ以上は書きません。
まあとりあえず読みましょう、ご同輩。あなたが特撮好きなの知ってます。