ボトムズ

作者 桜雪

容赦ない苛烈な「現実」が、より容赦のない「超現実」へと変わる

  • ★★★ Excellent!!!

世界的には「人の命が恐ろしく軽く、血なまぐさくて退廃的な世界が前面に出ている」感じです。SFというよりも、私はあの「パラサイト・イヴ」的なホラーテイストを強く感じました。

と、前置きをした上で。

そういう世界観の作品って、(WEB小説でもあるにはあるのですが)なかなか見かけないなーと思っていました。でもこの「ボトムズ」の世界には、恐ろしく淡白に引き金を引いたり、焼き殺したり、ものすごく機械的に拷問したり……簡単に言えばサイコパス的(アニメじゃなくて)な人たちがうじゃうじゃ出てくるんですよね。特に主役・桜。彼の死んだ魚の目(たぶん)は、本気でゾクッとします。でも、主役・桜のそういった行動原理等々も「ああ、そういうことか」という理由が付けられるような展開になっています。詳しくはネタバレになるので割愛。

全体に感情を廃した淡白な描写が多く、客観的事実がどんどん蓄積・進行していって、最終的に一気呵成に一つの点に集約していく……というリズミカルな構成になっています。ストーリー的に王道とかテンプレとかそういうものからはかけ離れていると思うのですが、集約までの流れの作り方は巧みだなと感じました。


以下、個人的意見です-----
テーマがいくつかの太い枝に分岐しているため(と感じました)、30万文字くらいあったら不足はなかったかな、もっと良くなるかな……なんて印象があります。また、終盤は聖書関連の知識がないと、ちょっと理解が難しいかもというところが多々ありました。好きな人には無駄なく理解できる範囲でしたけども。でもそのせいでちょっと読者を選んでしまうかなーと思う次第です。

刺さる人を選びこそしますが、刺さる人にはガッツリ刺さると思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

一式鍵さんの他のおすすめレビュー 347