エピローグ

「エンナー起きてください。朝ですよ」


 重い瞼を持ち上げると眼前にイーファの顔があった。ベッドの脇にしゃがみ込み、エンナの顔をのぞき込むようにしていた。


「おはよう、イーファ」


「はい。おはようです、エンナ」


 いかにも嬉しげに顔を綻ばすイーファを、エンナはじとりと睨み付けた。


「どうしたんですか? 恐い夢でも見ました」


 小首を傾げたイーファが華奢な手をすっと伸ばして、エンナの頬に触れる。


 その掌の心地よさを必死に振り払って、エンナは一層厳しい眼差しをイーファに向けたが、当の本人はきょとんとするばかりである。


「イーファ」


「はい」


「何度も言うが、勝手に部屋に入ってくるな」


「えー、別にいいじゃないですか。エンナもいつでもわたしの部屋に来て貰って構いませんよ?」


 不満の声を上げるイーファは、悪びれた様子もなく、今度はエンナの頭をなで始める。


(舐められてるなぁ)


 心底叱られているのであれば、きちんと反省し、正すことのできる少女だ。今それをしないということは、エンナの心の内を敏感に読み取っているからに他ならない。エンナは今、呼応石を身につけていないから、単純に心を読まれているのだった。


 それでも叱るところは叱らなければならない。それがイーファのためでもあって、エンナの沽券に通じるものだった。


「良くない。あんたな、無警戒にほいほい男の部屋に来るもんじゃないぞ。これからヒトとの繋がりの中で生きていこうってんだから、少しは常識を身につけろ」


「はいはい、わかりましたよ。エンナ以外の殿方には充分気をつけますよ」


「どうしてそうなる。俺は男としてみられていないってか……」


「なに言ってるんです。むしろ逆ですよ。わたし、エンナ以外の殿方には興味ありませんから」


 そう言って、あろうことかイーファがベッドの中に潜り込んでくる。


「まだ眠いのなら、もう少し休みます? ご一緒しますよ?」


 鼻の触れあうような距離で囁くイーファの行動は、きっと確信犯に違いない。


 抱きつかれて、甘い香りと柔らかな感触で一気に目が覚めた。ほとんど無意識に抱きしめ返していた。悔しいがどうしようもなく幸せだった。


「エンナ、苦しいです」


 くすくすとイーファが笑っている。


「起きるか……」


 言いながらも身を起こす気にはまったくならない。またまどろみにつつまれようとしていた。


「みなさん、朝ご飯を用意して待ってますよ?」


「もう少しだけ眠る。イーファは先に行っててくれ」


 そう言いながらも腕に力を込めていた。


「これでは動けません」


「あんたの力なら簡単に抜け出せるだろう」


「無理ですね。幸せすぎて、そんな気がこれぽっちも起きませんから」


 そんな言葉といっしょに、額に唇の柔らかな感触が落ちてきた。


「もう少ししたらほんとうに起こしますからね? おやすみなさい」


 心地よい声と温度に包まれながら、エンナは再度意識を手放したのだった。



 †


 イーファと二人してフィオナの客間に行くとアンガスが食後の紅茶をすすっているところだった。エンナ達に気付くと片手を上げてみせた。


「これはこれはお早いお目覚めで。おはよう」


「おはよう」


 覚醒しきらない頭でエンナはあいさつを返す。


「イーファ、見事に帰ってこなかったなおまえ」


「いやぁ、エンナがなかなか放してくれなくて」


 頬を赤らめてそんなことを口にするイーファをエンナは横目にじとりと見た。


「誤解を招くような言い方をするな」


「だってそうでしょう」


「あんたまでいっしょに寝ちまうからだろう」


「だって、あまりに気持良いんですもん。エンナだって、あの後何度か起きていたのにまた寝ちゃってたじゃないですか」


「あんたも起きてたんじゃないか……」


「さあ? なんのことです?」


 じゃれるようなやりとりをひとしきり終えたところで、ふたりは席に着いた。アンガスの向かい側にエンナが腰掛け、その隣に当たり前のようにイーファがちょこんと座る。


 すでに用意されていた朝食にそれぞれ手を伸ばす。


「フィオナさんとウォルスさんは食べ終えてもう行っちまったぞ。おまえらゆっくりしすぎだ」


 アンガスが悪態づくが、エンナもイーファもいつもの馴れ合いと思って大して気にしていない。ただ、フィオナとウォルスには悪いことをしてしまったと思った。


「悪かったよ」


「いいさ。ここでイチャつかれるよりずっとましだ」


「べ、別にいちゃついてなんかいません……!」


 顔を真っ赤にしたイーファが反論するが、アンガスはどこ吹く風だ。それでも嬉しげに頬を緩めているのがエンナには分かったが、取り乱すイーファは気付いていないようだった。


 食べ終えるとイーファがエンナのまえに自ら注いだ紅茶を差し出す。エンナが礼を口にすると、ふわりと笑んで見せた。


 そして自分とエンナの分の食器も重ねたイーファが立ち上がる。


「片付けてきますね」


「悪いな、ありがとう」


「はい」


 軽い足取りでイーファが部屋を後にするやアンガスが口を開いた。


「甲斐甲斐しいねぇ。夫婦みたいだ」


「からかうな」


 途端に恥ずかしくなって、紅茶を口元にもっていくことでなんとか誤魔化したが。それすら見透かしたようにアンガスは意地悪く笑っている。


「ほんと愛されてるよなぁ、おまえ」


「俺には勿体ない気がするがな」


「なに言ってんだよ。おまえ以外に誰がいるってんだよ。もっと堂々としてればいい。その方があいつも喜ぶ」


 そんなことを言われたエンナだが、少し思うところがあって黙り込んだ。


「どうした?」


 不思議そうにアンガスが問う。


「……なあ、アンガス」


 こんな相談をできるのはこの男しかいないと割きったエンナはおもむろに切り出した。


「ん?」


「イーファのことなんだが……」


「おう」


「やっぱりさ、不安なんじゃないか?」


「なにが?」


「なにがっておまえ、自分が悪の生き物であることがだよ」


「そりゃそうだろうが、それでも生きていくことをあいつが選んだんだろ?」


「そうなんだが、その……な」


「なんだよ、はっきりと言え」


 言いあぐねるエンナをアンガスが催促する。


「最近やたらと甘えてくるんだ」


 言った途端にアンガスが渋い顔をした。


「……惚気たいのか?」


「そうじゃなくてだな、不安だから俺に甘えてるんじゃないかと思うんだ。イーファの精神面を考えると多少は必要なこととは思うが、最近は以前にも増してスキンシップが過剰なんだ」


「おまえはやっぱり鋭いのか鈍いのか分からない奴だな。心配しすぎだ」


「ならいいんだが……」


 心配を払拭しきれないエンナを見かねてか、アンガスが嘆息する。


「実を言うとイーファからも相談を受けてな」


「ほんとか!? イーファ、なんだって?」


 イーファが自分ではなくアンガスを頼ったことに少し寂しさを感じつつも、一層心配になってエンナはアンガスに詰め寄った。


「おまえに嫌われてるんじゃないか、って相談だ」


「はぁ!?」


 どうしてそういう話になるのか見当も付かないエンナは思わず声を上げてしまった。


「なにをどうしたらそういう話になるんだよ!?」


「うるさい。少し落ち着けよ。——おまえ、イーファが甘える度にさっきみたいな心配事抱え込んでたろ? 自分が近づくと神妙な顔するもんだから嫌われたんじゃないかと思ったらしい」


 そんな露骨な態度をとったつもりは無かったがイーファには感付かれていたと知り、エンナは自分の迂闊さに項垂れてしまった。


「おまえら互いを想いすぎてすれ違うこと結構あるよな。もう少し遠慮なく何でも話せよな」


「……気をつける。で、おまえは相談を受けて、なんて応えたんだ?」


「照れてるだけだから、慣れるまでもっと甘えてやれって言った」


「それで最近やたらとひっついてくるわけか……。まあ、問題ないならそれでいいさ」


「問題を先延ばしにしているだっけのもあるけどな。なんにせよ俺とおまえがいれば大丈夫さ」


 あっけらかんと言うアンガスに、エンナも自然と頷いた。以前より楽天的になった気がするのは成長ととっていいのかもしれない。


 扉の開く音が聞こえ、見やるとイーファが戻ってきたところだった。


「あれ? ふたりで何話してたんです?」


「なんでもないよ。なあ、アンガス」


「おう。男同士の話だ」


 二人してはぐらかすとイーファは不満そうな顔をする。


「なんかヤな感じですね。わたしだけのけ者にしないで下さいよ」


「はいはい、じゃあ今日は三人で訓練といきましょうか」


 エンナが立ち上がり、イーファの頭を二、三度撫でてから扉に向かう。


「訓練たって、おまえら弱すぎるからなぁ。俺が楽しめるくらいの実力はつけてくれよな」


 アンガスも同じようにイーファの頭に手を置きながら通り過ぎる。


「いくぞ、イーファ」


「はい!」


 扉に手を掛けて振り返りながら呼ぶと、小走りに駆け寄ってくる。


 扉を開き、そのまま三人で部屋を後にした。


 了

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

羽根のない人 葛史エン @enkzm

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ