韓国に対して、目には目もやむなし

 日本は今まで、韓国に右の頬を撃たれたら、左の頬も差し出していた。じゃあ、目には目を歯には歯おをやるとどうなるのか。多分、低能で幼稚な奴がやることだと、一蹴されるのだろう。


取り合えず、目歯にを想像してみたらどうだろう。


1、韓国軍が竹島近海に展開したらレーダー照射する

2、慰安婦嫌いなんでしょ。韓国女性の日本での夜の仕事全面禁止。

3、徴用工、日本企業で働くのが嫌なら、現在就職している奴は、全員解雇だ

4、こっちも文在寅の土下座像を東京のど真ん中に飾る



 どうだろう、レーダー照射など、即、戦争に繋がりそうではないだろうか。それだけのことを韓国はしてきた。彼らは、表面上、仲良く見たいな人たちだが、一線を越えると、急に襲い掛かってくる。


 彼らは、日本に対して何をしても許されると錯覚している。そして、しでかした罪は、日本国民に蓄積されてきた。今では、ちょっとでも変なことをすると、怒り心頭になりそうになる。


 日本の怒りは、限界を超えた。今まで韓国にしてきた優遇を外し、普通の国と国との付き合いをしように変わった。もし、普通の付き合いをするなら、上記のようなことをやられて怒らない国はない。韓国は、これの一線さえ越えようとしている。そうなると、日本は、距離を置いた付き合いをするしかない。


 非礼で非常識な相手と話すことはない。そして、驚くのは、反日教育の所為で、安倍土下座像のように、民間人が、日本人を拒絶している。これは、政府vs政府の話に留まらない。韓国人というのは、一線を越えると、日本人に対して非常識になる。その表れが、韓国政府であり、韓国大統領の、日本に対する態度になって表れている。


 目には目を歯には歯をは、2000年以上前の太古のやり方(律法)だ。だが、悪いが、韓国には有効だと思われる。自分が日本にやったことを、そのまま受けて見ろ。自分がどれだけ悪いことをしているか分かるから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます