世間も韓国の徴用工裁判が進むのが当たり前と思い出したようだ

 韓国は、口だけ。言うだけ言って、いざとなったらやめる国というのが、GSOMIA破棄撤回で常識になっている。あれだけ破棄する、破棄すると息巻いていたのに、ぎりぎりになって腰折れ、それが韓国だ。しかし、徴用工の日系企業資産売却は、どうも、するのが当たり前だと、みんな思い出している。文ちゃんには、みんなの期待に応えてもらいたいと思う。


 最近の、日本政府の中国に対する言動を聞いていると、昨年初めて、外国に対してNOと言ってから、日本の真の主権が、二階氏を除いて戻って来ているんだなと実感している。


以下は、日本が韓国に対してホワイト除外をした日の、百田氏のTwitter。

2019/8/2 百田尚樹氏Twitter

マジレスすると、2019年8月2日は、日韓関係のターニングポイントになるだけでなく、日本という国家にとっても大きなターニングポイントの日となる気がする。

というのも、戦後、日本が外国に対して決然とした態度を取った初めての日となったからだ。



 日本は、精神的にも主権を取り戻して、アメリカ以外に負けたことがなかったころの日本に戻りつつある。同時に日本は、アメリカに負けた萎縮も乗り越えたと思う。それが、韓国ホワイト除外だった。


 徴用工に関しては、日本が、決めたのだ。いくら、韓国が、キャンキャン言おうが、変わることはない。韓国が折れない限り、日本が折れることはない。


7/17 日テレ 深層深入り

韓国では、敗訴した日本企業の資産現金化の手続きが進む可能性がある。武藤氏は「(その場合)日本としても相当厳しい措置を取らざるを得ない」との見方を示した。佐藤氏は日本の措置について「金融の分野が一番効くだろう」と語った。クォン氏は「歴史問題でもあり、最悪の対立になりかねない」としてトップレベルの協議を訴えた。



 クォン氏は、トップレベルの協議を訴えるが、それは、とっくの昔に行われたことだ。賢い人は、これがまずいことだと分かるが、半島に住んで、朝鮮人独特の精神文化の中で生活している大半の人々には、この、未曽有の危機を感じることができないのだろう。日本に見放されたら、韓国どころか、半島が詰む。半島が詰むと言うことは、中共の喉元が、世界にさらけ出されたことになる。宗主国が泣いているぞ。


 韓国が、報復されるところまで歩みを進めるということは、近隣諸国条項もなくなると言うこと。韓国の嘘が白日の下にさらされる。著者は、この辺りがすっきりの話。今でさえ、慰安婦で、70年前に、政府が始めた反日に、ほころびが出てきているのに、日本が本気になったら、文政権は、潰れるだけじゃあ済まないのではないだろうか。これは、中国の反日の嘘もばれる話。ここが、この韓国が、世界の悪を断つ切っ掛けの国なのだ。

 文大統領には、世界平和のために、ぜひ、そこまで進んでもらいたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます