韓国人らしい反応「セクハラ被害者を探し出して報復する」

 朴元淳ソウル市長の自殺に、セクハラ告訴が関係していると報道されるや、親与党系の人たちは、被害者を中傷するどころか、見つけて報復すると宣言した。韓国は、女性の人権問題を軽視するところがある。女性の被害者に、更に追い打ち攻撃するという言動が、インターネットに発信された。いつの時代の国なんだ。


7/11 朝鮮日報 「朴元淳ソウル市長を告訴した女性を必ず探し出して報復する」

「ソウル市庁で公開されている閲覧可能な資料を探してみたら…すぐに見つかりそうですね!!! 同じ女性として、私がその方に真の教育をしてやりましょう」

 10日午前9時ごろ、インターネット・コミュニティーサイト「タンジ日報」にこのような投稿があった。ここに書かれている「その方」とは、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長からわいせつ行為やセクハラ(性的嫌がらせ)などを受けたとして警察に告訴した朴市長の元秘書だ。



 女性の人権を軽視した発言だ。この発言に賛同した人たちが、同じ様な文言を次々と公にしている。インターネットに流すと言うことは、自分の内なる気持ちを公にしたことと同じだ。その内容は、もっと酷かった。


 悪いことをされた方が、生きにくい国って・・・。


 昨年、文政権の末期には、歴代大統領が、辿った事件が起こるんじゃないかと予想した記事を書いたことがある。任期は、まだ2年もあるのに早すぎる。崩壊が、目前に迫っているということだろうか。

 朴元淳ソウル市長は、文大統領と司法研修院時代からの長い縁。文在寅は、旧知の友を亡くした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます