朴元淳ソウル市長が失踪

 ソウル市長と言えば、後は首相か大統領かというポジションの人。いったい何があったのか。


7/9 【ソウル聯合ニュース】

韓国の警察当局によると、ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長の娘が9日午後5時すぎ、「4~5時間前に父親が遺言のような言葉を残して家を出た。携帯電話も切っている」と警察に通報した。警察は朴市長の行方を捜している。



朴元淳 共に民主党 ソウル市長3選している

韓国の代表な市民運動団体である「参与連帯」の創設に関与、同連帯において執行委員及び運営委員を務めたほか、政策シンクタンク「希望製作所」理事なども務めた。2000年12月の女性国際戦犯法廷(民衆法廷)では、韓国代表の検事として昭和天皇を10万人以上の韓国人女性を日本軍慰安婦として強制連行・虐待した罪で起訴している。

ウィキペディアより



 この人、慰安婦問題で、頭角を現し政界入りした人。


 慰安婦問題と言えば、現在、日本大使館の前で、武漢ウイルスが蔓延するからと、集会が全面禁止になっている。武漢ウイルスが一番酷い時でも、集会を許していたのに、分が悪くなるとこれだ。

 そうなのだ。慰安婦問題は、現在、分が悪いのだ。市民が、本当のことを知りだしている。保守の巻き返しも半端ない。それでも、日本人からすると、いい加減にしてくれなのだが。



続報


10日未明ソウル市内山中で、遺体で発見された。民放MBCは、9日、朴氏からセクハラ行為を受けたとして、元秘書が警察に告訴状を提出していたと報じた。



 各社報道を見ると、殆どの表題に、セクハラの文字が躍っている。慰安婦の急先鋒だった人なのに、その事実を書いている新聞社は少ない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます