ホワイト除外を決めてから1年。今後の朝鮮半島見通し

 朝鮮半島の南北統一は、北主導で行われていた。つまり南朝鮮が統一しようとしたのではなく、北朝鮮が、主導して南北統一を成そうとしていた。北朝鮮が、朝鮮人を精神的に操るマスターとして南朝鮮に、精神攻撃をしていたということだ。


 ところが、昨年、ハクショイと、日本が軽く、軍事に転用できる3品目は、輸出規制するから、ちゃんと使い道を明確にしてよと、やっただけで、北朝鮮の南朝鮮支配シナリオが、上手く回らなくなった。もしそうなら、北朝鮮にとって、一番恐ろしいのは、日本と言うことになる。もう一度、フッ化水素などの3品目について、昨年7月初めの映像を見てみると、本当に、基礎的な輸出規制処置でしかなかった。まだ、徴用工の、報復のホの字も引っかかっていない状態。世界の常識。当たり前のことをしているだけだった。日本は、これを今までできなかったのだから情けない。


 北朝鮮は、南を利用して、日本の軍事に転用できる3品目を転売させていた。この収入は、ロケット開発費であり、南北統一の資金だった。これを文にやらせることによって、主従関係をはっきりさせ、文に、南を北に売り渡させるつもりだったのだろう。しかし、日本が韓国に、フッ化水素は、使途不明な状態になるなら売らないと、決然とした態度を取ったために、計画自体が頓挫してしまった。文は、日本に、今まで通り、3品目を使途不明でも韓国に売るように強要してきているが、もう、1年も空回りしている。

 それは、非常識にも、今でも言っている話しだ。


7/1 日テレ “輸出措置”から1年 韓国“撤回”求める



 結局、文大統領は、南北統一推進を以前やった米朝会談からの路線しか、思いつかず、また同じことを言い出した。彼は、米朝会談からの南北統一路線シナリオしか描けないのだろう。北に対しての援助も、アメリカが認めてくれないと出来ない。そう言っているように聞こえる。完全な思考停止だ。


7/2 日テレ 文大統領“米大統領選前に米朝首脳会談を”



 北朝鮮が描いていた南北統一シナリオは、日本の、このちょっとした常識の履行だけで崩れたのではないだろうか。

 だから現在は、2代目金正日がやっていた、軍事力による恫喝に戻るしかなくなったのではないかと思う。でも、今そんなことをやったら、北傀儡の文政権自体がもたない。北朝鮮も、打つ手を無くした。


 北朝鮮国内は、飢餓の真っ最中。中韓が助けてくれないと、そうなる社会システムにしているのだから、当然の成り行き。それなのに、文大統領は全く動けない。北朝鮮は、良くも悪くも、何もできない人を南北統一のパートナーに選んだのだ。扱い易い傀儡だが、自走は無理。文大統領がパートナーでは、南北統一は無理だ。


 韓国政府は、アメリカに待ったをかけられるまで推し進めていた中国5G独裁セットが、武漢ウイルスで、ちょっと功を奏したと自慢していた。ここで韓国民が、文在寅の専制主義を褒めたたえたのだから救われない。それが、先の総選挙で数字になった。

 ここまでは、北の思うつぼだったが、朝鮮人特有の精神世界にいる韓国人にとって、慰安婦組織、挺対協の嘘の暴露と、ボルトン暴露本は、文政権に痛手過ぎた。北朝鮮は、もう、文政権は使えないと思っている。後は、援助物資を南朝鮮から勝ち取るぐらいしか手が無くなった。


 アメリカに、G7のオブザーバー招待を受けただけで舞い上がる文政権。瀬取りを監視されて身動きできない文政権。フッ化水素商売が軌道に乗っていたのに、まさかの日本のダメ出し。文政権が日本に、規制緩和を強要しようとしても、全く相手にされない。本当に使えない奴だと、金与正などは、文在寅を疎んじているのではないだろうか。


 文政権になって2年ぐらいは調子よかっただろうが、日本の何気ないまともな態度によって、北朝鮮の悪だくみは、完全に、空回りした。北の経済政策はいい加減だし、文在寅を使おうにも、その限界の速さに打つ手なし。朝鮮半島が、ぐちゃぐちゃになる日が早まってしまった。


 唯一の不幸中の幸いが、南北統一が、北主導で、文政権中になされる目が暫らくなくなったということ。核を持った反日国家なんて洒落にならない。でも、南北共に、ぐちゃぐちゃになったら、ぐちゃぐちゃに混ざるのかな。カルト国家と独裁国家の愚じゃぐじゃか。どうなるのか想像もつかない。まともな人たちが可哀相だと思うばかり。あそこは、酷い民族だと、中国もロシアも知っている。知らなかったのは日本だけ。日本は、やっと昨年まともなことを韓国に対して、ちょっとだけやった。それで、崩壊に向かうような国だ。放っておけば自滅するのだが、その前に徴用工差押の現金化をしてくるのだろう。これで、日本に、止めを刺されるわけだけど、最後まで不愉快な国だよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます