米移民韓国人ホワイトハウスに文在寅拘束を請願11万人以上が同意

請願内容

「文大統領は米国に中国ウイルスを拡散させ、米国人たちを大虐殺する犯罪を犯した。また、文大統領は極東地域で米国最初の血盟である韓国の国家主権を不法強奪することで、米韓同盟を危うくさせる犯罪を犯した」と主張した。



 現在文在寅は、同盟国であるアメリカを裏切って、中国共産党や北朝鮮に媚びている。武漢ウイルス発症は中国武漢だけど、韓国も、世界に蔓延させた国である。そのまんまの請願だなーと思う。


 米ホワイトハウスは、請願が10万票を超えると60日以内に見解を表明してくれる。ここに、米韓関係の雰囲気がにじむと思う。



 韓国のネットユーザーは、移民韓国人が出した請願に対して、「本当に恥ずかしい」、「米国が祖国なのか」という反応をみせた。


 朝鮮人は、肝が小さいな。田舎の村八分じゃないんだから。移民の国の在り方を真摯に受け止めるべきだ。


 太平洋戦争のおり、アメリカに移民した日本人に対し東条英機は、あなたたちは、もう、アメリカ人なのだから、そのように誇りを持って行動しなさいと表明している。彼らは、そのように行動した。アメリカ軍を助けに行って、半分が亡くなったアメリカ軍日本人部隊「442連隊」など、いまでも語り続けられている。アメリカが、日本を憎み切れなかった理由だ。



 韓国はこういう歴史を持っていない。アメリカに東西冷戦に利用されて、ぽっと資本主義国になった国である。現在、米中の蝙蝠状態。どっちに付こうかなどという甘い考えを捨てれば、自立するチャンスでもある。文在寅大統領は、自立の雰囲気を醸しだして、偶に演説している。その気持ちは正論。現実は不可能。このあたりの葛藤が、今の韓国だろう。米中どちらに付くか、決めないといけない時期が近付いている。もし、米に付くのなら、早めに周知させないと中国サムスンが大変なことになる。これに関して、文在寅に決断力はない。本当に、危うい国だ。一番大事な国の方向を決める決断ができないのだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます