韓国は中共のお手本

 よく韓国を揶揄して、中国は、韓国の宗主国といって、韓国が歴史的にずっと中国の属国であったと、言い切る嫌韓の日本人は多い。

 それはそうなのだが、しかし、近代において、この2国が似ているのは、中国が韓国の真似をしたからだ。まず、韓国が、近代化をした。そのやり方を中国が、近代化するとき真似したのだ。時系列から、それはゆるがない。だから、反日だし、日本を敗戦国のように扱う。しかし、そのように国際上日本に勝った国は、毛沢東の中共ではなく、蒋介石の中華民国。共和制の中国だった。中国は大国大国というが、お里はそんなガキっぽいものなのだ。だから歪みが大きい。


 考えてみたら、アメリカは、共産党の中国でなく共和制の中国を応援すべきだった。(スターウオーズの正義国家は、共和制だし)。そうすれば、今のような武漢ウイルスの被害を最小限にとどめられていたかもしれない。今も台湾にその火種が残っているのは、奇跡。中国は、そう簡単に変われないだろうが、頭を挿げ替えるのは、ものが残っているので、出来るかもしれない。まずは、国際社会復帰、WHO復帰を出発点にすればいい。


 韓国は、5/6に、日常生活復帰を始めた。しかし、手綱を緩めた矢先に武漢ウイルスが、派手に蔓延した。それを見た中国は30日ぶりに武漢でも、武漢ウイルスが再発したと世界に報じた。結局、中共は、国内の人民の健康を心配しているのではなく、世界の風評を心配してニュースを流している。その基準が、自分の所とよく似ている韓国。韓国の文大統領は、就任3年目の演説で、韓国の防疫は世界標準になったと宣言したが。世界は、そんなたわごと聞いちゃいない。しかし、少なくととも中国共産党は、韓国を指標にしているようだ。韓国の国民に対する人民統制の真似は、その最たるものだろう。韓国は、資本主義下でそれをやっているのだ。それを中国共産党幹部がまねしている。韓国の似非民主主義を模倣しているのだ。幹部連中が、似非資本家になり替わるという発想になるのも頷ける。


 韓国は、中国のお手本なのだ。だから、韓国に追いつけ追い越せをずっとやってきた。中国が共産党のまま資本主義に参加するとき、共産党幹部を仮想資本家に見立てるというやり方を思いついた。その似非資本主義になる為の先生が韓国だった。昔ながらの李氏朝鮮を踏襲した韓国が、資本主義社会の中でどう泳いでいるか、その一挙手一頭足を見逃さないようにしていたのではないだろうか。


 中国は、韓国の竹島占拠がうらやましい。尖閣諸島で同じ、真似をしている。

 中国は、パソコン市場においてサムスンの成功がうらやましい。産業スパイをしまくって、その業態を真似した。

 中国は、韓国が、元日本領だった東亜の国々を席巻しているのがうらやましい。一帯一路で、韓国を見返したい。


 時系列でみると、中国は、ずっと韓国の後を追って来た。こんな、ざるで危うい国が、経済発展できたんだ。うちができないはずがない。そんな感じだ。


 中国は、3年前に半導体産業で韓国を抜いた。その時の韓国潰しがすごかった。しかし、武漢ウイルスで、また、天安門事件のような世界総スカンという状態になった。そのせいで、また、韓国の真似をして、武漢ウイルスを克服したのはうちだと宣伝しだした。それって、韓国も含めて、世界が認めているか?。いくら日本のメディアに金をばらまいてプロパガンダしても、日本国民は動じていないぞ。中国共産党は、真似する先生を間違ているんじゃないのか。


 もし日本で、韓国リセットが行われて、韓国が衰退したら、中国は、資本主義国に対してどう動くかの指標を失う。世界は、武漢ウイルスで、酷い目に遭った。こういうウイルスは、殆ど中国産で、まだまだありそうだ。中国共産党に韓国の真似をやめさせないと、もっと大変なことになる。日本は、韓国リセット=国交断絶を急ぐべきだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます