韓国の総選挙、現在、与党優勢

 文在寅の共に民主党は、前野田、鳩山、菅首相政権時の日本の民主党の様な政策を推し進めている政党だ。これに打ち勝つには、安倍さんがやったマクロ経済政策をすればいい。

 民主党が政権を取っているときに、野田前首相と安倍さんが党首討論した。日本は、デフレ真っただ中だった。安倍さんは、こんな円高と株安はダメだ。インフレにすべきだと、タイマンの党首討論で食い付いた。その時、野田前首相は、デフレでいいじゃない、物が安くて。と、あっけらかんと言ってしまった。これを見ていた有権者たちは、何言ってんじゃと、みんな思った事だろう。

 後に、安倍さんは、野田さんがデフレでいいじゃないと言った時、勝ったと思いましたね。と、その時の党首討論を振り返って回想していた。


今、韓国に必要なのは、まともな経済政策だ。文在虎政権は、かつての野田政権。経済政策の失敗続き。外交の失敗続き。世界で最初に通貨危機になった。そして経済崩壊の危機が、もう、そこまで忍び寄っている。

 しかし、あそこの選挙は、全く、的外れな選挙舌戦を繰り広げている。どっちが、より反日か、日本をおかずに、総選挙を戦っている。


4/6 朝鮮日報 4・15韓国総選挙、とにもかくにも韓日戦

今月15日の総選挙まであと十日となった5日、与野党は「韓日問題」でまた正面衝突した。共に民主党などの与党とその周辺では野党・未来統合党のことを「土着倭寇」「親日勢力」と言い、未来統合党側は新型コロナウイルス問題を壬辰倭乱(日本側呼称:文禄・慶長の役)に例えて「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は無能な宣祖(朝鮮時代の第14代国王)だ」と対抗している。



 倭寇とか慶長の役とか、こんな難しい話。日本人より詳しいんじゃないか韓国人。それにしても、いちいち日本を引き合いに出さなと、舌戦もできないのか。与野党とも、有権者へ、金のバラマキをしたくてしょうがないみたいだし。でも、その手柄は、与党がとっちゃうかな。選挙の時に、堂々と、カネをばらまく話をするのもどうかと思うけど。

 また、武漢ウイルスを抑え込んでいるのを与党が自慢しているが、それは、朴槿恵政権時代に準備されたこと。それを当時、野党だった今の与党が自慢するのも、おかしな話だ。ところが、牢屋にいる朴槿恵前大統領の名前を出せない現野党は、そこで大きな声を出せない。そんなわけで、今の所、与党が優勢なのだ。


 この武漢ウイルスだが、韓国では、収束に向かっているような数字になっている。殆ど日本と変わらない環境の韓国なのに、著者としては、怪しくてしょうがない。そこで、武漢肺炎特定ではなく、韓国の肺炎死亡者数を調べたが、全く出てこなかった。アメリカは、武漢ウイルスが蔓延する前、インフルエンザで1万人が死亡している。そのような数字を探したが、何処にもない。それに、この武漢肺炎が収束するかのような数字は、日本が、東京オリンピック延期を言う前のグラフとそっくり。韓国は、唯一武漢ウイルスを抑え込んでいる優秀な国と、韓国メディアが、自画自賛で報道している横で、韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は、全く逆の、「首都圏大規模感染の場合、西欧の危機は我々にも近づく」と、危惧を発信をしている。

 五輪延期が決まった時に、小池都知事と安倍首相が、コロナ危険、コロナ危険と会見をやりまくったのを韓国は、後10日も我慢するのだと思うと、韓国民がちょっとかわいそう。 総選挙感染なんて記事の表題が飛び交わなきゃいいが。


 とにかくあそこの総選挙は、経済政策じゃなくて、反日総選挙。どうせ日本を見るのなら、安倍さんが、なんで、野田民主党に勝ったか、それを見た方がいいと思う。経済がやばいんでしょ。反日無罪の国じゃあ無理か。安倍のせいで日韓通貨スワップができないとか言う政府。民衆の騙され方がひどすぎる。ただいま、文大統領の支持率53.7%=ことし最高値を再び更新した。


 そりゃ、文さんが頑張ってくれた方が、韓国リセットが進んでいいんだけどね。今の態勢だと日本がしりぬぐいをさせられる。いっそ、紅組に行ってくれた方が面倒がなくていいんだけど。急激にそうなっても、今度は、難民が押し寄せて来る。いずれにしても迷惑なお隣さんだよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます