日韓議員連盟幹事長河村氏徴用工寄付に日本側も出資の見方

 この人はアウトですね。国会議員が、悪いことをしている国を助けろと公言している。韓国じゃないが、自民党の河村氏を当選させた選挙区の不買運動をやっていいレベル。


1/17 共同

河村氏は「両国間の貿易で利益を得ていた企業が多く、そうした企業は(寄付金を)出すだろう」と語った。韓国に展開する日本の衣料品店を例示、これらの企業は日韓関係の早期改善を望むだろうとも述べた。



 現政権の意図を全く無視した発言。言論の自由は、彼にもあるだろうが、与党議員の発現とは思えない。この人には、正義がない。彼の発言は、両国間の貿易で利益を得ていた企業は、寄付しろと、韓国関系企業を国会議員として恫喝しているようなものだし、そういう企業に、日本人の国民感情を裏切れと言っているようなもの。実際は、在日企業が払いたいとでも言っているのだろう。その辺のネタ元を、明らかにするべきだ。



 これとは、関係ないが、もう一つ記事を取り上げる


 先日韓国は、フッ化水素の自国生産に成功したと言っていた。ところが、昨年12月の日本からの半導体製造用フッ化水素の輸入額が約140万ドルに達し、前月より10倍ほど急増していた。昨年12月は、約794トンのフッ化水素が輸入された。約400キログラムが輸入された11月に比べ1900倍以上増えたことになる。

 これじゃあ韓国は、結局フッ化水素自国生産に成功していなかったことになる。前月比の1900倍って、どれだけ先までの備蓄をした事やら。サムスンは、半導体製造で、世界一位の座をインテルに奪還されている。半導体の売り上げが落ちたからだ。それにもかかわらず、この状態。日本のフッ化水素は、半導体製造に必要不可欠と言ったようなものだ。


 また韓国の大嘘が明らかになった。


 こんなことを常にやっている韓国を、助けようとする国会議員がいるのだから最低だ。彼らは議員。そういう支援者に金を貰って舌を回しているのだろうが、情けない話だ。それを当選させた河村氏の選挙区民もそうだ。世論が変わると、いきなりこういう人は、当選しなくなるのだが、今の世論は、オールドメディアが動かしている。まだ、その節目は来ていないようだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます