なぜ戦後の日本は、韓国の言いなりになっていたか

 日本は、韓国がアメリカの属国だから、韓国を優遇していると韓国リセットで書いてきた。それはその通りだし、現時点で、もし、アメリカが韓国を見放したら、日本もそうするのだろうけど、未だに日本が理解しきれていない点を上げたいと思う。

 向こうは、我々を利用しようとしているだけだ。それは、朝鮮と関わった近代日韓史を見ても全く変わっていない。

 どれだけ日本人が勘違いしているか何例か挙げてみたいと思う。


1、天皇は、日本にしかいない。(世界には為政者しかいない)

2、話せばわかる(これは、日本人の価値観、相手は同じ価値観を有していない)

3、世界は、格差社会が当たり前、役割分担と格差は全然意味が違う


1の話だが、日韓併合した折、朝鮮人民を弾圧し、搾取してきた両班を皇室扱いしてしまっている。実際は、法に照らして裁くべきだった。朝鮮の両班は、日本の天皇と違い、国内の簒奪者だっただけ。権威と権力の勘違いがはなはだしい。それは、世界でもそう。日本人が大好きな天皇という存在は、日本にしかいない。


 2の話せばわかるは、未だに勘違いしている筆頭だろう。韓国は、いくら話し合おうと言っても、自分の条件に合わない限り歩み寄ったことがない。最近の徴用工の話だけでも、我々は、その状態を嫌と言うほど見せられている。それにもかかわらず、政府は、未だに話し合いの姿勢を崩していない。話し合って何とかなるのなら、もう、何十年も前に、それこそ1965年日韓基本条約で、そうなっているし、こんな話が持ち上がることすらなかった。すべて日本政府が譲歩に譲歩を重ねて、韓国の言いなりになり、利用され続けた結果が今日の状態だ。


 3など今頃騒いでいる話。ゴーンにブーイングしている根幹は、階級社会が当たり前の外国に対して日本が、あまりにも、無防備だったからだ。ゴーンがやった日産改革というのは、日本人ができない従業員の首切り。階級がない日本人ではできない冷酷なことを彼がやっただけの話。同じように日本人は、韓国が、なぜ、未だに、ホワイト除外を戻せ戻せと言っているのか理解しきれていない。向こうは、階級社会が当たり前なのだ。日本を下に見ている。その日本に、階級を一段外された。下に見られた。これが許せない。大陸だと、偉そうにできなくなると生きにくくなる。両班が平民に落とされたような怒り様なのである。階級社会が無いのは、世界で日本だけ。それが理解しきれていない。


 戦後、日本人は、誰も世界に逆らっていない。未だに、委縮したままだ。敗戦して、世界の悪意に晒されて、初めて、自分たちの価値観と外国は、違うんだと認識させられた。みんな、委縮してしまったのだ。韓国は、そこに付け込んだ。彼らは、日本と仲よくしようとしたのではない。日本を利用しようとしただけだ。それは中国も一緒。そこが、よくわかっていない。


 建国が日本からスタートした台湾は、日本人の価値観が分かる民族。台湾の問題点も日本とよく似ている。台湾も中国は違う民族だと認識した方がいい。元々漢民族と言うのは、黄河平原の民族。台湾と全く根幹が違う。台湾は、建国が日本スタートなので日本の価値観が生きている国。併合していた韓国とは、全く違う国なのだ。日本人が朝鮮半島から退いて75年。同じ東洋人の肌をしていても、朝鮮は、台湾と違い、併合の時から外人だった。その上、今の欧米人より価値観が日本とかけ離れている。そこをはき違えてはいけない。


 日本は、朝鮮を併合するとき、両班を日本の価値観で裁くべきだった。今もそう。韓国が犯している罪を暴いてちゃんと断罪すべきだ。内政干渉しろと言っているのではない。ホワイト除外のような防衛手段を講じろと言ってる。日本に国際警察機構のようなものがあったら、今頃、韓国の扱いは、全く違ったモノなっていたことだろう。その点アメリカはよくやっていると思う。イランの司令官暗殺報復時、イランが自国に入ってきている民間のウクライナ機を誤射して撃ち落としたことを普通に暴いている。イランは、最初、これを隠そうとした。最初は、アメリカ傘下でもいいから、日本も同じことをやっていいと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます