反日が出来なくなったら韓国は北朝鮮を恨みだす

 日本が、米国が中国にやっているように、韓国に経済制裁を掛けると、韓国は途端、末端まで行詰まってしまう。そうなる時か、それ以前日本は、近隣諸国条項から韓国を外す。日本国内では、正しい歴史認識がなされるようになり、反韓は、確固たる知識で支えられることになる。当然、その歪みは、中国、北朝鮮の歴史認識にまで及び、彼らの国を疑問視するようになる。在日韓国人は、ただの外人に指定されることになり、普通に税金を取られるようになるので、日本で生きにくくなる。在日が韓国を助けることは難しくなるだろう。


 こうなると韓国は、どんどん経済減速が進み、昔を知っている大人たちは、繁栄していたころの韓国を懐かしむようになる。このとき彼らの中に、「日本と仲よくするべきだ。感情論では食っていけない」と、言い出す者が現れる。


 韓国は、元々国を二分している。元々国が違うのだ。高句麗統一される前、もう、1100年も前の話だが、韓国は、新羅と百済に分かれていた。このときの百済と言うのは、権力闘争に敗れた高句麗に滅ぼされて百済に逃げて来た旧高句麗王によって奪われた新たな国。後百済だった。だから後百済は、1100年前、高句麗の統一に反発した。その為、後百済の人民は、新羅の人民より虐げられた。その時の差別が、現在になっても残っているのだ。それからずいぶん後の話になるが、高句麗の後の李氏朝鮮も、高句麗の王を殺して新たな王が誕生しただけの、高句麗と同じ体制の国。差別は日本併合まで続いていた。その記憶が、癒されるには、併合時代の期間が短すぎた。

 現在文政権を支持しているのは、この後百済の人々。なぜなら、日本から、1965年日韓請求権協定で、多額の経済援助を勝ち取った前大統領朴槿恵のお父さんで、独裁政権を作ろうとして暗殺された朴正煕元大統領は、新羅の人。日本からのお金を新羅側の有力者で独占し、財閥を作った。その為、後百済側の人には、お金が回ってこなかった。文政権が、財閥を目の敵にする理由である。


 話を戻そう。日本が韓国を見捨てると、韓国の経済規模は、著しく減少し、貧乏国に逆戻りする。このとき、日本からの援助がほしくて大韓民国が、反日を止めようとすると、次に噴出してくるのが、この、後百済と新羅の問題だ。


 そしてもう一つ。その、後百済と新羅を蹂躙していた勢力がある。それが高句麗、今の北朝鮮だ。文大統領は、高句麗の人なので、朝鮮統一が、彼の夢。しかし、日本を憎むのを止めたら、大韓民国人の恨みの矛先は、後百済でも、新羅でもない、元高句麗の北朝鮮に向かうことになる。それは当たり前のことだ。北朝鮮とは未だに戦争状態。終戦宣言を最近したと言っても、未だに敵。旧後百済、旧新羅は、民間レベルでは、実際の同族。それなのに1100年前の差別が今でも続いている国だ。その二国を(韓国)を1100年に高句麗(北朝鮮)が滅ぼした。自分たちの国を滅ぼした旧高句麗である北朝鮮を許せるはずがない。それも、歴史認識が日本で訂正され出したら、韓国でも、李氏朝鮮時代の高句麗人である両班が、どのようなことを韓国人にしたか知るようになる。反日を止めたとき、後百済人と新羅人を内紛させないよう青瓦台が韓国をまとめようと思ったら、日本の代わる敵国が必要だ。それは北朝鮮になる。その時の韓国民の感情は、「ああ、米国主導の経済成長は良かった」日朝併合なのだが、「日韓併合時代も良かった」悪いのは、それを壊し、朝鮮戦争を勃発させた北朝鮮。というふうに、恨みが、すり替わっているだろう。そのとき、出自が高句麗人(北朝鮮人)の文大統領は、韓国史上最低の大統領になっている。文大統領は、朝鮮統一、朝鮮統一というが、朝鮮という国は、元々、国の態を成していなかった。


 このようなことから反日を止めたら韓国は、北朝鮮を恨むようになる。日本に1000年の恨みと言っていたが、その1000年間と言うのは、ずっと北朝鮮(高句麗)に韓国が虐げられてきた歴史だ。正しい歴史認識がなされた時はっきりする。韓国民は、北朝鮮に奴隷以下の生活を強いられ、古代人の生活を余儀なくされ、女たちを蹂躙されていたのだ。その証拠写真も、手法である朝鮮儒教も残っている。


 国をまとめるのには、第三国を人民に恨ますのが手っ取り早い。それは、世界だと悪vs悪の戦いでしかない。しかし偶々世界でもまれな性質を持つ日本人は、そういうふうに韓国に利用されても大人しくしていた。それを、2019年、令和の御代になって、辞めようとしている。日本がちょっと韓国に対して、まともな反応(ホワイト除外)をしただけで、元々減速気味だった韓国経済は、マイナス成長になった。

 日本の離韓が進んだとき韓国は、反日を続けることが出来るのだろうか。もはや、北朝鮮の様な極貧国に戻ることを人民は望むまい。


 韓国は、放っておいても、北朝鮮、中国になびいている。だからといって、アメリカが、韓国を手放しても、アメリカが杞憂するように、あの三国が手を組むことはないだろう。むしろ、恨み出す。そう言う歴史を持った国なのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます