韓国が赤化した場合一番被害を被るのは韓国女性

 北朝鮮や支那の中共と韓国が一番違う点は、宗教の自由を持っていることだ。朝鮮は、李氏朝鮮時代に、強烈な男尊女卑をカルト儒教によって確立した。そこに、戦後、男女平等のキリスト教が入って、韓国女性の地位向上や自由度が劇的に上がった。


 中世に魔女裁判(カトリック)をやっていたようなキリスト教は、近年になって、男女平等になり、劇的に文化レベルを上げることに寄与した。一つは、プロテスタントの考え方に、貴族王族も平民も、神の前では、どんぐりの背比べ、50歩100歩だというのがある。プロテスタントとカトリックが戦争した理由の一つである。そのプロテスタントが、新天地アメリカで、成功を収めた。女性の地位は、劇的に向上することになる。イギリスのエリザベス女王が、大人気なわけである。とどめが、第二次世界大戦後に起きたウーマンリブ。男たちが戦場に出ていたとき、女たちが、国内の生活を男どもに変わって維持した。維持できた。だから、男たちが、戦争から帰って、元の職場に戻った時に、女性たちは、私達にもできるから、いちいち帰って来たからって、返せと言っても、はい、そうですかと、今の仕事は、譲らないし、頭ごなしに押さえつけられて堪るもんですかと、男女同権を訴えた。アメリカの一部の差別意識が強い大金持ちは、黄色人種の日本を落としてしめしめと思っていただろうが、人間の半分もいる女性たちに、頭を下げることになる。太平洋戦争で、確かに、日本は負けたが、結果、東亜の国々が独立したように、ここでも、元々男女平等だった日本は、結果、たまたまアメリカに勝った。(負け惜しみ、だって、江戸時代初期までは、さにあらずだが、戦前の日本は、男尊女卑に傾いていた。だから、朝鮮併合をすんなり、受け入れることが出来た)


 朝鮮の半分は、戦後、米韓同盟という薄化粧をしたアメリカ領になった。韓国大統領権限が異常に強いのは、未だに有事状態だという証拠。韓国の男尊女卑は、アメリカの男女平等に、そぐわない。アメリカ領を維持するために、キリスト教が必要だった。アメリカは、韓国に、キリスト教をあてがった(宗教の自由の権利)。これにより、韓国女性の地位は、劇的に改善された。それまで、女性たちは、物扱いされていた。呼び名はあっただろうが、李氏朝鮮時代は、名前もない。日韓併合時代に、改善されていた女性の地位は、日本が敗戦したことによって、一度、大きく男尊女卑に戻っている。だから、韓国の人口統計が、1960年まで、正確に出ていないのだ。アメリカが、韓国をいい加減に扱っていたのが大きな原因だ。その後、朝鮮戦争で、焼け野原になった韓国の復興をめんどくさがって、日本に丸投げした。日本は、韓国に遠慮しながら復興することになる。このとき、韓国は李氏朝鮮時代の慣習に戻ったと考えられる。


 現在、韓国は、男女平等である。若い女性たちは、昔ほど差別を受けていない。でも、男尊女卑は、韓国に根深く残っている。ちょっと前に、日本女性が、ナンパしてくる韓国男性を無視していたら、とんでもない罵声を浴びせられて、最後は髪を引っ張られて転倒させられるという暴行を受けた。これは、とんでもない事件だと思う。しかし、韓国では、日常茶飯事。随分鳴りを潜めたとはいえ、未だにありふれたことなのだ。


 もし、韓国が、北朝鮮や中共のように赤化したら、アメリカが、韓国に与えていた権利、宗教の自由は、無くなる。まず、最初に被害を被るのは、韓国女性たちである。中国では、長く中国を支配していたモンゴルの遊牧民族の慣習が強く残っているため、平等という概念ではないが、男女の力は拮抗している。だから夫婦別姓。しかし、韓国の場合、赤化したら、朝鮮の女性を物扱いする李氏朝鮮時代の習慣が噴き出す。自由を謳歌していた韓国女性は、信じられない差別に会うことになる。


 北朝鮮では、専制君主に向かうチュチェ思想という洗脳カルト教以外は、宗教を認めていない。それは死刑に値する。

 韓国の半分は、文政権寄り。しかし、もう半分は、アメリカ寄り。本当なら、人口の半分に当たる女性たちは、全員アメリカ寄りでもおかしくない。そうだとしたら、文政権寄りは、1/4しかいないはずなのだが、そうなっていない。韓国女性は、自分たちに、とんでもない災厄が振りかかろうとしているのに、それを認識できているのだろうか。


 キリスト教は、2000年もかけて、やっと男女平等にまで進化した。韓国にキリスト教が入って、70年余り。韓国女性たちが、「この宝を大事にしなくては、いけない」と、思うのには、まだ、時間が足りないのかもしれない。

 日本の女性もそうだけど、女の人は、旦那に従ったり影響されるから。アメリカ女性みたいに、ここぞという時、意思をはっきり言わない。アメリカ女性は、意思をはっきり出すとき、目の色変わるし、目力が、めちゃめちゃ強くなる。アメリカ女性最強伝説。

 チョ国問題で検察に軍配が上がって良かった。とりあえず、なにかあっても、しばらくは、女性の人権が守られる。


ネットニュース解説より転載

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます