韓国の反米シナリオの見落とし

韓国の反米シナリオ。当然韓国は、在韓米軍撤退と朝鮮統一を目指している。


 日本は、1952年4月28日にGHQが撤退撤退した。しかし、韓国は、これがずっといる状態。だから民間レベルで反米感情がとても高い。韓国は在韓米軍を追い出したい。追い出したいということは、アメリカに対抗すると言う事だ。その時韓国は、核を持っていたい。だから、北朝鮮に核があるというのは、韓国にとって、とてもありがたい事なのだ。統一すれば、韓国は、核保有国になれる。だから韓国は、在韓米軍撤退と朝鮮統一を、ワンパックとして考えている。


 これが基本方針なのだ。日本から見ると、何やっているんだという北朝鮮と米国の和平橋渡し。役に立たないじゃないかと、こちらは思うのだが、韓国としては、北朝鮮が核開発を続けることが出来るなら大成功。北がアメリカと合意して、アメリカ軍が在北朝鮮軍などになったら、最悪の結果。核を持たないまま米国と交渉しなくてはいけなくなる。

 我々は韓国を北朝鮮核開発支援国家だと見て活動するべきだった。それを2年も放っておいてやっとホワイト除外。韓国が北朝鮮核開発支援国家だったという見方は、もう、ずいぶん前から有った事なのに、その監視を怠ってしまった。


 韓国は、在韓米軍を追い出したい。トランプは、出て行きたい。何ら問題がないと思うのだが、なぜ韓国は、今更これを渋るのか。韓国にとって反米シナリオで足りないものがあるから時期をずらしたいのだろう。それは、日本が韓国と距離を置くことで露見した。韓国は、実は、全く独り立ちしていなかった。日米依存国だと思い知らされた。今、独立すると国が破綻する。ようし、在韓米軍を追い出すぞと、拳を振り上げ、離米を米国に下そうと、ぐりぐりやっている矢先の、国力不足の発覚。日本を叩いて裏目、北朝鮮の離反、米国の激怒と、最悪の状態を迎えている。日本人から見ると摘んだ状態。

 韓国の反米シナリオは、米国の三行半というシナリオで決着しそうになっている。

 いいじゃない、一から出直せば。

 その方が、本当の一人立ち。

 でも、依存症と言うのは簡単には治らない。日米に依存できなくなったら中国に行きたい、そんな国だ。それだと別の地獄が待っているだけ。

 韓国は、自国をリセットした方がいい。せっかくの日本の併合資産を今度こそ生かすべきだ。でも、中国になびくところまでやってしまったら、日本の離韓体制が出来上がってしまう。日本は法律を決定したことは守る国だよ。謝るのなら今しかない。でも多分・・・できないだろうな。日本が韓国リセットするか、韓国自身がリセットするか、答えは明白な気がする。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます