泣きつきすり寄り人の性、韓国をどうしたいかは日本が決めればいい

韓国は、日本の助けは必要ないと思って、本当にそれを実行して経済破綻を起こした

韓国は、反日をしすぎて、反日民衆に政府が突き上げられるようになった

韓国は、それでも日本が助けてくれると思っている

金がないから日本にすり寄る。金が欲しいから、反日をした。全部だめになったから、日本に助けてもらいたい。


 韓国のこういう状態を日本の一般的な年よりは、今まで一言で言い表していた。

「朝鮮人だから」

 これを言うと、周りが、「そんなこと言っちゃあいけないんだ」と、諫める。これを70年間(もっとか)ずっと繰り返してきた。実は、韓国のこういう状態のことを年寄りたちはよく知っているのである。


 韓国は、日本にすり寄るのが、とてもうまい。お家芸と言ってもいい。タイで開かれているASEAN関連会議で、文大統領が、安倍首相を会談に引き出したかのような形にしたのもそうだ。安倍さんにしたら、文大統領の親の死を悼む挨拶でしかなかった。日本人のこういう風習をうまく利用して朝鮮人は、日本人にすり寄るのである。そうして国内向けに、これで、日本と仲良くできると嘘の情報を平気で流す。日本が修正したニュースは、国内に流させない。でも雑だから流れる。その情報を潰しきれず国内に不安が残る。そんな国だ。更に、文大統領側の人は、成功したと言った嘘しか見ないように、嘘をそのまま押し通すのである。

※この歪曲した韓国の雑な情報戦?を解説するのはとても疲れます。

だから

 はっきり言って、韓国がどうとではなく、日本が韓国をどうしたいか決めればいい。


 日本人の正直な気持ちだと、間違いは嫌いだし、嘘は嫌だし、歪曲は嫌いだ。本当のことを世界にも情報発信したい。つまり日本人の尊厳を守りたい。


 それをやりゃあいいだけだ。その逆をやっている日韓議員連盟の日本人議員は、日本人の尊厳を貶める人たちだ。何故、野放しにするのだ。反日を許し、敵に塩を送り、金を送り、技術を提供し、日本を貶める朝鮮人を持ち上げ、こちらが謝ったような印象を相手に与えるようなことをする。ネットで、みんなが怒るわけだ。ネット民の力が増したら、この人たちは社会から抹殺される。そんなに遠くない未来なのに、よくいけしゃあしゃあと偉そうなことが言えるものだ。


 韓国が日本にすり寄るせいで、韓国リセットが進まない。徴用工 差し押さえの現金化の次の節目は12月。

 あの人たちは雑だ、今、日本にすり寄っていると、改革派の反動は、偶々12月に来る。その時は、スカッとした記事を書かせてもらいたいものだ。


修正 資産売却は来年2月以降

10/30 Abema

弁護士らは韓国の最高裁判所が日本企業に賠償を命じた判決から1年を迎えた30日に会見を開き、日本企業の資産売却による現金化が当初の年内完了の見通しから書類上手続きなどで「早くても来年2月以降」になることを明らかにしました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます