韓国政府は反日洗脳を解く気がない

また文韓国政府が反日洗脳国民に虚偽情報を流した。それを解説したい。


 天皇陛下の即位の礼に、李洛淵首相が来日し、安倍総理と会談した内容は、国内向けパホーマンスで終わった。自分が文大統領の親書を持って行ったから日韓に改善の兆しが出たと会談後に記者会見。これに対し、会談終了の3時間後、日本では予定になかった記者会見を、岡田直樹・官房副長官が異例に開いた。この会談で安倍首相は、「(韓国・最高裁の徴用工判決は)国際法に明確に違反しており、日韓関係の法的基盤を根本から覆している」と、はっきりと伝えたのだという。さらに最後にも、同じ趣旨の発言をし、李首相との会談を締めくくった。これが、50か国の主要会談の一つである韓国との会談の真実であった。日韓関係は、異常な反日行動を止めないと解決しないと、実際は、日本側から突き付けられた会談だった。


 韓国政府は、建国以来、一貫して国民に施してきた反日洗脳を解く気がない。なぜなら、これをやっていたから、日本から、多額の経済援助を搾り取ることが出来たと勘違いしているからだ。

 韓国の本当の実力は、同民族の北朝鮮を見ればわかる。日本に経済援助をして貰わなかったら韓国は、世界の最貧国のままだったことは明白だ。北朝鮮も、反日をしているにもかかわらずこんな惨状。なのに、韓国民は、建国以来反日を国是にしていたから、ここまで経済成長したと思い込んでいる。それが、選挙に当選するキーワードになっているので、政治家は、これをどれだけ、大げさに言えるかで選挙を競う。その性で、官による反日は、さらに加速される。


 実際は、米国が、朝鮮を2等分して韓国を共産圏とのハブ地帯にした。その為、米国が、日本に無理やり韓国に経済援助をさせたというのが、今の韓国が経済成長した現実だ。更に事態は、朝鮮戦争特需で日本が潤ったので、日本が調子に乗ったというのもある。

 とにかく北朝鮮だって、反日をやっている。それなのにあの惨状。日本が韓国を切ると、韓国は、北朝鮮のような経済国に戻ることになる。


 現在、韓国で生まれた文政権は、歴代政権と大きく異なり反米をしている。日本に対して、韓国に経済援助をしろと言ったアメリカを文政権は切ろうとしているのだ。そうなると日本は、韓国に対して経済援助をする理由がなくなる。文政権が、ちょっとぐらい反日を緩めるような発言をしても、全く効果ない無いのはその為だ。だいたい、親日の台湾に対して、中国と仲よくするために、異常に冷たくあしらって来た日本政府が存在するのだ。米の韓国に対する政策が変われば、もう、経済援助をする理由がなくなる。

 韓国が、北朝鮮を併合して、朝鮮半島が、資本主義社会側に来るというのなら話は別だが、逆になるのなら、韓国は敵国になる。そうなったとき日本政府が、どれだけ韓国に対して政策を様変わりさせるか目に浮かぶ。今までの文政権の異常な反日の性で、そのシュミュレーションは終わっているものと思われる。


 韓国(文政権)が、もし親日に手の平返ししても、反米のままなら、日本の経済援助は断ち切られる。


 韓国(文政権)が、親米に手の平返ししたら、北朝鮮が、文政権を見放す。


 韓国(文政権)が、親日をしたら、反日洗脳された韓国国民の怒りを買う。


 経済の立て直しのために韓国は、日本の援助がほしい。でも、反日は辞められない。反日のまま日本から経済援助を引き出そうと思ったら、親米に走らなければいけなくなる。しかし、そんなことをしたら文政権は、革新派の支持を失う。


 八方ふさがりの中で、文政権が韓国民に言い出したのは、反日しているけど、日本は、韓国が大好き。李洛淵首相が天皇陛下の即位の礼に行ったから、また、そのように、日韓関係が改善されつつあるから安心してと、言うもの。この歪んだ考えも、建国以来の反日の中で育まれた混沌(カルト)なので、韓国民の心を打つ。皆さんは、気持ち悪いと思うだろうが、彼の国の国民は、こんなところに陥っているのである。


 最近日本人は、韓国民に対して、興味ない、どうでもいいから、あからさまに、嫌いと言い出した。

 

「反日しているけど、日本は、韓国が大好き」は、米国が日本に経済援助しろといった事を韓国政府の手柄にしようとした大嘘の一部でしかない。それに対して、建国以来反日を続けている韓国国内のメディアは何と言ってきたか。「韓国民は反日しているが、必ず仲良くなれる」とか、「韓流ブームを見れば分かるでしょ。日本女性は、韓国男性が大好き」本当は、もう下火。好きなのもタレントやその時のドラマだけ。だとか、「日本は、韓国が無いとやっていけない」とか、そんな話ばかり。こんな話が、韓国メディアでは日常茶飯事に流れているのである。


 皆さんは、そんなのあり得ないと思われるだろうが、これが、韓国の現実。だから、文政権が日本に対して怒ったとき、文在寅自体も、日本が言うことを聞くと思っていた。実際は、文の反米政策のため、日本は、韓国に譲歩しなくなっていた。


 現在日本政府は、韓国に米国の影がないことを確信している。それでも、安倍首相は親切に、今の状態ならぎりぎり反日を止めれば日韓関係は改善されますよと教えている。しかし、文政権は、それができない。せいぜい反日韓国民の日本に対する親日カルトを刺激する程度。大統領任期満了に伴う検察の追求逃れは失敗。北にも見放されて、逃げ場もない。出口のない文政権は、これから何をする気だろう。韓国民に対して、「また日本は、反日状態の韓国が好きになる。その糸口が見えた」。みたいな虚偽情報を韓国首相が韓国国内向けに流すようなお粗末な政権だ。今の流れからすると、韓国経済が崩壊して、文政権が糾弾される未来が妥当か。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます