日本にすり寄りだした韓国、文大統領の支持率30%台に

10/18 中央日報

世論調査機関の韓国ギャラップが今月15~17日に全国成人1004人を対象に調査を実施して18日に発表した10月第3週の世論調査結果によると、文大統領の国政遂行に対して「うまくやっている」との回答は39%だった。「間違っている」という回答は53%だった。



 韓国の文大統領支持率世論調査の数字は日本と違って、支持か不支持に二分される。日本だと、分からない(支持も不支持もしない)が、1/3あるのだが、どんな質問をしていることやら。それを肌で感じているのか知らないが、韓国首相が、今まで散々、東京五輪ヘイトをしていたにもかかわらず、ボイコットを否定して協調するみたいな文言を言ってきた。そう言う記事の表題だけで、「苦しいから日本助けて」が、にじんでいる。日本にすり寄るにしても、手の平返しがわざと過ぎる。なんせ最近まで、「放射能がー」と、言っていたのだから。


10/18 共同通信 韓国、東京五輪の成功願う ボイコット否定、協調へ

その他にも

10/18 総合ニュース 韓国国防相 韓日GSOMIA終了決定の撤回に含み

とか

10/18 中央日報 文大統領「安倍首相に親書送るのはどうか」李首相「はい、書いてください」

とか。18日の記事だけでも枚挙にいとまがない。



 文政権は、折り返し地点に差し掛かった。後2年半政権がある。しかし、日本人から見ると、チョ国氏の記事と経済危機の記事だけで、もう、この政権は持たないと思ってしまう。

 あれだけ先鋭的な反日をやっておいて、今更修復は困難。上記事の様な、手の平返しと、日本すり寄りを厚顔にやると、日本人の嫌韓度が上がると思わないのかね。


 韓国というか朝鮮という国柄は、似非思想やカルト宗教の苗床だ。世間で流行っている宗教や、国家の柱になる思想を自分たちの都合のいいように捻じ曲げて民衆を従わせる。そこに矜持はないので、こんな手の平返しが簡単にできるのである。自分たちで生み出さず、他からまねて、それを嘘で捻じ曲げることによって自分たちの行く末までおかしくする。

 こういう嘘で捻じ曲げたファンタジーが起点になるのだ。その後、いくら繕っても歪みが出る。後世の人が真面目にそれを引き継いでしまうと、日本バッシングのつもりで不買運動をしても、セルフ制裁に陥るわけである。


 でも、まあ、日本にすり寄れないと分かると、また、更に手のひらを返して、日本バッシングをするのだろうね。どこにプライドの所在があることやら。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます