文在寅の一つの未来決定、チョ国法相辞任

 検察vs青瓦台は、検察に軍配が上がった。日本の検察ほどではないが、韓国の検察も強い。これで、文大統領が、大統領の任期を全うするか辞任した時の将来が決まった。文政権の主要閣僚は、みんな検察の御厄介になる。


 文大統領の罪は重い。

1、韓国経済崩壊

2、日本不買によるセルフ制裁

3、米軍締め出しによる安全保障の弱体化

4、北に韓国を売り渡そうとしている

5、中国追従による外交の失敗


 これらのことを成すために、青瓦台が、どれほど不正を働いたか文政権が終わったときに、検察がこれらを暴くだろう。それも保守系主導の元に、極端に行われる。そんな中でも特徴的なのは、反日セーフ。反日セーフは、韓国が生まれた時から一貫している。


 チョ国氏の電撃辞任は、法相検挙という文政権の致命を回避した更迭。チョ国法相任命時50%あった支持率は40%まで落ち込んだ。これ以上チョ国氏を庇っていたら政権自体が持たないと判断したのだろう。日本的な体感支持率イメージで言うと、韓国の40%は、日本の10%台前半支持率ぐらい。もう、持たないって感じの支持率。



 何かのネット記事で、チョ国氏は、オウム真理教で言うとサティアン。真理教施設そのものみたいな人という表現をしていた。北朝鮮に勝手に入ったり、チュチェ思想を広めたりと、北追従の活動をやっていた人だとあった。だから、トップが、やれと言えば、何処までもやるし、法相を辞任しろと言われれば、その日言っていた検察改革をもっとやる発言の3時間後には辞めると言い出すのである。これの真意のほどは分からないが、文政権から、金や職を貰ってデモをしている自業自得な人(何十万もいるけど)は、ともかく、一般韓国民は、この大統領を当選させて、悲惨なことになったなあと言うのが、正直な感想だ。韓国リセットから言わせれば、チョ国抜擢もそうだけど、セルフ制裁なんか、まさに天才としか言いようがないけどね。



 チョ国氏擁護デモをしていた人たちは、そのちょっと前まで、安倍打倒デモをしていた人。そして。その安倍打倒デモのちょっと前までは、日本製品不買デモをしていた人たちだ。これだけで、文政権擁護派の人たちが、とても不自然な人たちだと分かる。多分これからこの人たちは、また、上にやれと言われて支持率回復のために、不自然に日本バッシングデモをするのだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます