朝鮮人の遺伝子はどんなもの

 以前ネットニュース解説に、ゴブ◯◯の話を書いたので、特定の質問が来るのでしょうが、遺伝子から見ると、そんなに彼らを怖がることは無いと思う。結論から言うと現在の日韓関係は、DNAとは関係ない。普通に結婚できる相手だと言う事。問題は、国の環境。反日と言う他国へのヘイト教育のゆがみは、多くのストレスの元となる。我々は、日本に生まれて素直に育っている。ああ、日本に生まれて良かったという話。


 まず、ホモサピエンスとは、単に知恵のある人を指す。以前と違い、旧人もホモサピエンスだったというのが、今の遺伝子学。


遺伝子と言うか民族は、通史で見なければ出訴が、あいまいになるので、簡略だが紹介。


 北朝鮮が言う朝鮮人の祖先。山葡萄原人は、洞窟に長く隠れて住んでいた原人だ。なので、長年単一婚を繰り返していて、偏ったDNAを持っている者とされている。

 それが、洞窟から出て生活を始めた。(その時期は、4~5000年ぐらい前のごく最近の話ではないだろうか。解明を待つ)。その後、山葡萄原人⇒エベンギ族は、シベリアに住む種族と北朝鮮に住む種族に分かれた。そのころの彼らは、どちらも、まだツングース語を話す民族に分類される。


 朝鮮半島の最初の国。高句麗=北朝鮮と言う朝鮮半島にできた国は、秦の始皇帝時代の燕族が、秦に負けて逃げ込んだところから始まっている。彼らは、後の三国志の時代に魏国から「濊族」と呼ばれるようになる。

 朝鮮半島の39度線までは、山また山の険しい土地柄だ。彼ら北方の高句麗と、南の日本の豪族である熊襲は、北と南に分かれて、長年干渉しあうことはなかった。ところが、高句麗の内乱で旧高句麗が、南に逃げて熊襲の土地を奪って百済を作った。


 これを遺伝子の話で括ると。AC300年の燕族は、エベンギ人と交わって高句麗となった。BC300年彼らは、魏の人に濊族と呼ばれている。その彼らは、日本であった南朝鮮に下って、熊襲を襲い百済を作った。663年10月の白村江の戦までは、新羅も百済も日本領。その後、唐は、高句麗も新羅も百済も滅ぼして、後に、自治を認めている。この時期から高句麗と新羅は、混ざったと考えられる。百済は旧高句麗なので抵抗した。その時、新羅人男性は殲滅されていない。でも、国が高句麗になったとき新羅は、百済と同じく民族浄化の対象ではなかったか。このときの百済は民族浄化しても同じDNAなんだけどね。


 韓国だけで言うと、韓国の中には百済人と新羅人がいて、今も争っている。どちらも日本人と新旧高句麗人の混血。こうしてみると大陸は、日本のような単一を長く続けることが出来ない場所。


 日韓併合前の李氏朝鮮時代に彼らは、北朝鮮(高句麗人)の両班階級によって、国土をズタズタにされ、橋も道も壊された。朝鮮平民は、家督を守るために近親相関を繰り返すしかない状態に追い込まれる。偏ったDNAは、この時代に形成されたごく最近の話。何故そんなことになったか。高句麗の両班が、新羅や百済を民族浄化しようとしたからだ。それに対して、日本人DNAと伝統を持つ 女性たちが抵抗した。彼女たちが、男系を残そうとしたからこうなった。それに怒った両班が、家族愛を説く儒教を歪曲して、男尊女卑を広めた。身重の女の腹を裂くような事件や拷問があったのもこんな経緯ではなかったか。両班が強姦して作ったはずの我が子が、敵種族の子孫だったと分かったら、その愛憎は異常な行動を伴うことになる。女たちは大変な差別を受けることになった。このころ、彼の国の歪曲文化が完成したと思われる。女性を貶めようとするとカルトになるし骨肉の争いという混沌になった。

 李氏朝鮮時代に壊されているから、分かりにくいし、似非日本文化ばかりが目に付くから分かりにくいが、それまでの文化は、日本も唸るものがあった。今では、日本に逃れた青磁器や、残った食文化に舌鼓を打つしかない。中国や日本にある文献から復活することをねがう。


 このように韓国の状態を調べると(DNAのスパンで見ると)最近の話しが多い。女性は、遺伝子で言うと日本女性とよく似ている。男性は、高句麗の出所で良いと思う。エベンギ人で言うと、中国人と日本人遺伝子で随分薄まっている。日本人女性が入っているとはいえ男系で考えると、日本人は浄化されているので、種族が違うと考えていいだろう。男性DNAがそうなので仕方ない。民族浄化って、男が殺される。天皇が男系なわけだ。


 一方日本は、日本建国のころ、難民の百済人を受け入れて同化している。まあ、その頃は、日本人の血の方が濃かったかもしれないが、それでも、その後いろいろあったみたい。でも同化した。少数なら、同化できると歴史が証明している。


 李氏朝鮮時代におきた特異な単一DNAの話しは最近の話し。今の日韓対立は、DNAとは関係ない。医療機関からの警告もない。

 朝鮮半島はアメリカによって分断された。その時、韓国がアメリカから国を守るために考えた、反日政策に今の対立がある。これには、洗脳と言う反日教育も含まれる。更にその先もある。大人たちは、マスコミによる情報統制によって反日をし続けるのである。

 韓国(朝鮮)は、中国もそうだけど、長い歴史で言うと最近皇帝を失った国。元号を無くした国だ。彼らは日本が羨ましくて仕方ない。元号が変わるとき、中国人は素直に日本に元号があることを羨ましがった。元号は中国発祥。


 今後だが、韓国がいったんアメリカから独立して、その上、日本からも独り立ちして、更に何十年かしないと、彼の国との関係は、良好な方向にリセットされないだろう。しかし、その間も人の営みは続く。個々人の思考で、結婚もあるだろう。要は、その子供たちが、国に振り回されない環境にいることが大切だ。

 ああ、日本に生まれて良かった。




追記

韓人の××耐性は、エベンギのDNAだろう。確かにこれは特殊な部分。菌耐性なのだから悪い部分とは言えない。それによって日本人ではたどり着けなかったキムチと言う美味しい恩恵を我々も受けている。逆に人が豚コレラに感染するというのも珍しい。濊族は、豚と共に生活する人だった。朝鮮半島の北は、南の穀倉地帯と違い、寒いところ。肉を主食にしている人にとって平野部が少ないのは難儀な話。生活は、楽ではなかったと思われる。寒いところなのに産物が豚しかない。豚皮では、毛皮の代わりにならない。彼らは、豚の油を全身に塗って寒さをしのいでいたそうだ。財産である豚を育てるためには、狩猟採取をさらに頑張るしかない。彼らは、とても気性が荒く山賊的で強かった。中国の朝鮮征伐は、黄河平原から遠いこともあり、いつも高句麗で、大敗していたそうだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます