週刊ポスト「韓国なんていらない」は、区別でしょ

 デジタルのポストセブンで、散々韓国ネタをやっているのに、それには触れず、紙媒体になったら文句を言う。そろそろ韓国系クレーマーも高齢化してきた証拠だろう。


 この問題で、一番言ってくるのは、韓国人を差別しているというクレームだ。差別と言うのは、相手がこちらを差別していないときに使う言葉だ。圧倒的な立場の人がパワハラしたらそれは差別扱いになるが、相手は日本の国土を奪った強者である。ずっと上から目線で発言する彼の国の大統領。日本の天皇を蔑む国会議長。彼らは、日本と対等以上の態度で臨んでくる。我々は、彼らのどこをもって、弱者と認識しなければいけないのか。


 対等の立場の言い合いは、差別じゃなく区別でしょ。


 GDP11位だった国のどこが弱者か分からない。


 あまつさえ、あの戦争で日本に勝利したと自画自賛するような国である。実際は敗戦国。それも、日本と同じ立場で今日まで来ている唯一の、日本と同じ敗戦国である。他の地域の国は、みんな状況が変遷してしまった。


 日本は、現在彼らと対等になりましょう。と言い。だから、優遇は、無しねと言っただけじゃないか。やっと対等になったのに文句を言う。WTOには、GDP11位まで行ったくせに、後進国だと申告する。この国を区別して何が悪い。


 日本国内で、韓国擁護しても、文在寅大統領は、感謝しないだろう。彼の頭は、米軍を追い出し、南北融合することが、何よりも優先している。経済さえ二の次。北朝鮮基準で言えば、韓国の経済崩壊なんて、超大金持ち。北の同胞を見ろ。まだまだやるぞと言う感じだ。 文大統領の兼日は、自分の支持率維持ぐらいにしか考えていない。そう言う革命家なのだ。日本国内の韓国擁護の人とは、考え方が違うと思う。彼らは日本国内の自分の立場を守りたい。それから言ったら、文大統領がやっていることは、違うんじゃないかな。

 日本人をどんどん嫌韓にしたてている張本人は、文さんだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます