韓国は日本をホワイト国除外して自分で自分の首を絞める

 韓国の日本に対する報復措置というのは、自分で自分の首を絞める処置が多い。日本製品不買運動にしても、一般市民に、我慢を強いているように見える。不買運動の首謀者は、文在寅の秘書だという記事を読んだ。そう言う陰謀は、ファンタジーノベルの中だけかと思っていたが、現代でも通用するとは恐れ入った。あの国の大統領は、ファンタジー世界の王様の権限を持っていることになる。


8/2 TBS NEWS

日韓の輸出管理をめぐる対立が続いている中、韓国政府は12日、輸出管理上の最優遇国から日本を除外すると発表。日本への事実上の報復措置に打って出ました。韓国の措置により、韓国企業が日本に輸出する際、個別の許可で必要な提出書類が増えたり、審査期間が延びたりする見通しです。

 「過去に日本の帝国主義から大きな苦痛を受けた我々としては、日本の経済報復を、非常に厳しく受け止めないわけにはいかない」(韓国 文在寅大統領)



 光復節が近い。向こうはいろいろ活発になっているようだ。でも、自分のネットニュース解説が、バンされるとは思わなかった。基本、自分でホームページを作れるので、半分ぐらい普及しようと思う。それに、面倒がってやっていなかったが、これら原作は、YouTubeの動画にするために書いていた。カクヨムからの通達メールを読んだが、韓国リセットが残っているぐらいだ。こっちが早くメールに気づいて、すいませんと言わなければいけない案件だった。バンされて始めて気づいた。ごめんなさい。


 韓国は、権力闘争で、熾烈を極める。負けた方は、殆ど刑務所行になる。そうなると、韓国の主要政治家は、みんな前科者になってしまう。これでは、子供たちが政治家を尊敬できない。やはり最初に言った韓国大統領に権限を持たせ過ぎているから起こる現象だろう。ここは改善した方がいい。国の歴代大統領というのは、本来子供たちの尊敬を集める存在だ。それなのに、現大統領が、前大統領を尊敬できない状況に追いこんでしまう。これでは、国民が、長い目で自分の国を誇れない。


 今回の日本ホワイト除外は急すぎる。日本が韓国のホワイト除外をした時は、半年も協議して、その間、そしてその前から、韓国に対話を求めていた。だから、国民の支持が厚い。ところが、韓国の日本ホワイト除外は、日本がやったからオウム返ししてみたというもの。文在寅が、韓国の王様でいられる期間が短いから、打つ手が短絡的なのだ。これで、どういう顔をしてWTOに訴えるのだろう。自分で自分の首を絞めるのを我々は、「これはお家芸じゃないか」と、冷めた目で見てしまう。

 これでも、民主勢力の力を削ぐことが出来るから、成功なんだと腹で言っているかもしれないが、巻き込まれる一般市民は、たまったものではない。日本のホワイト除外は、韓国経済にマイナスに働くという記事を多く読んだし、その記事のコメントでは、セルフ制裁と言っていた。彼に座布団を上げたくなった。

 彼らのやっていることは、歴史問題がどうの言っているが、実際は、協議から行動へのスパンがとても短い。十年先を見て計画を練っているわけでは、全くない。なぜなら、その時、文王朝は、とっくに時間切れになっているからだ。だから、死ぬまで王様でいられる隣の金王朝がうらやましくて仕方ない。


 株式会社というのは、確かにある一定の経営者としての実力は必要だが、どの人が社長になっても、その会社の社長として尊敬を集めるシステムである。大統領制もある一定の資質というのは必要だが、どの人が大統領になっても、大統領として、後々まで尊敬を集める人なのである。


 今の韓国民は、大統領に振り回されて喜んでいる状態。まるで、お父さんが子供の手を握って振り回すだけという危険なメリーゴーランドのようだ。実際は、どちらかが手を離すと大事故を起こしてしまう。そのクッションに日本が使われているのは迷惑な話だ。双方とも、いろいろな事象から、全部日本を外して見てみろ。真実が見えるから

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます