韓国人日本の処置にオウム返し対抗 オリジナリティを感じない人々

 少しづつではあるが、日本が韓国に、物申すようになってきた。それで傾向が分かって来たのだが、韓国は、日本が処置したことに、オウム返しをしているだけ。もしかしたら、主体的に物事を決めるのが不得意な種族なのか。それだと、上が右向けと言ったら右向く理由がちょっと理解できる。李宇衍(イ・ウヨン)さんの様に、体制と違うことを言ったら、暴力で人を攻撃する理由も納得できる。彼らは、個性を尊重できないのかもしれない。異論を受け入れる土壌がないのではないか。反日教育で、無個性を育てすぎだ。個性を受け入れないというか、異論を容認できない。



8/6 産経新聞 日韓友好に「正しい歴史の回復を」 韓国研究者が訴え

いわゆる徴用工問題をめぐり、ジュネーブの国連欧州本部で「賃金の民族差別はなかった」と指摘した韓国・落星台(ナクソンデ)経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究員が6日、国会内で産経新聞の取材に応じ、韓国に帰国後、男3人にののしられ、つばを吐きかけられたことを明かした。李氏は「残念なことだが、前近代的な(無条件に日本を敵対視する)種族主義の表れだ」と述べ、異論を許さぬ韓国の風潮に疑問を呈した。



 日本ヘイトデモをする韓国に、観光などで渡航する旅行者に対して外務省が、注意勧告をすると、韓国の外交部も同じことをすると言い出した。この言い方に脈絡は無い。ないが、何らかの心理が働いているからこういうのだろう。


 日本が韓国のホワイトを除外するというと、やはり韓国は、日本を韓国のホワイトから除外すると言い出した。これも対抗処置と言えばそうなのだろうが、脈絡はない。かえって自分の首を絞めるだけである。殆どオウム返しの処置で、何ら脈絡はない。


 また、日本でおなじみの韓国アイドルが、日本製品不買運動に参加するという。日本人のファンのお金でご飯を食べているのに、簡単に体制になびいている。そこに、自分の意志を貫くなどという意思はない。


 そう言えば、韓国に日本のアイドルは入っていけない。不平等な上に一方的だと日本の若者は気付いているのか。もし、日本のアイドルが、韓国に入れていたら、また、日本のアニメがオリジナルで放映されていたら、彼らは、そっちのオウムになっている可能性がとても高い。彼らは、学校で抗日勉強と称して嘘を教えれれている。教える方も教えられる方も、とても苦痛だと思う。そこに、日本のアイドルが来て、本物の日本人に接したら、若者だと一発で、心変わりしそう。オリジナル文化がない民族は、基本に忠実だ。日本の真似を忠実にやり始めたら止まらないと思う。


 韓国は、日本の真似をして出来上がった国。フッ化水素などの3品目の優遇を除外して1カ月。韓国は、日本、日本と言わなかった日がない。オリジナリティの無い国柄で、日本の処置にオウム返しをし出した時点で、彼らの底の浅さが見えて来た。文在寅やその関係者の様に北朝鮮のオウムには関係ないことだろうが、殆どの人は日本に向いている。北のオウムにも言えるが、そろそろ自立してもらいたいものだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます