文政権は北主導による南北統一に舵を切る発言を大っぴらに始めた

 今、北と経済協力したら、韓国経済は破綻する。それをいけしゃあしゃあと「南北平和経済の実現時は一気に日本経済に追いつく」と、大ウソを文在寅は公言した。


8/5 中央日報

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は5日午後2時、首席・補佐官会議を主宰しながら「南北間の経済協力によって平和経済が実現すれば我々は一気に日本経済に優位に追いつくことができる」と話した


また、北朝鮮に、GSOMIA破棄を促された文政権は、その話ばかりしている。


8/2 中央日報

実際、北朝鮮は最近になってほぼ毎日のように各種メディアを通じて韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を主張している。北朝鮮官営メディア「朝鮮中央通信」は、日本が閣議でホワイトリスト排除を最終決定する前日の1日にも、「戦争協定は廃棄しなければならない」という論評を出した。



 多分、日本にもう一つ、規制でも制裁でも何でもいいから、韓国の処置を出させて、もう、堪忍袋の緒が切れたとか何とか言って、GSOMIA破棄を感情論で破棄するのだろう。それが無くても、やりそうなぐらいこの話しばかりしている。GSOMIAは、日本というより日米韓連携の象徴。アメリカに仕方なかったんだというポーズを取りたいのだろう。


 文大統領は、北主導による南北統一に舵を切る発言を大っぴらに始めた。それは、相当焦っている証拠だ。今、北に向かわないと、韓国の経済は、いずれ破綻する。そうなれば、韓国が言っている韓日経済戦争は、韓国の負けで終わる。敗戦国の戦犯は、文在虎政権。野党は、格好の攻撃手段を手に入れることになる。


 今、金融制裁をしたら、韓国は万歳するしかない。逆に金融制裁日程で、米日の思惑も分かる。日米とも、文政権をいつでも潰せるような気がする。しかし、これ以上日本が何もしなかったら、韓国という国自体を見捨てるプログラムになるのではないだろうか。実際は、オリンピックで、韓国はこんな国だと世界に周知させたいだろうから、急には潰さないだろうが。見ていると、勝手に自滅しそう。こっちは、手加減しまくっているのだがな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます