嘘つきは泥棒の始まり韓人は嘘つき

 韓国は、歴史を捏造して反日をしている。これが国策なので、強制的に、これを学校で教えられている。可哀相な話だが、全員嘘つきだ。

 韓国は、高学歴社会で、多くの人が大学を出ている。それなのに、教える教科書や先生が嘘つきなのでは、正しい発想は生まれない。嘘をまず教えるのだ。教え方は、無理やり教科書に書かれた事を暗記させられる。テスト勉強のための勉強とかわらない。


 学業というのは、学び、応用し、新しい発想を身に付けるもの。これでは、最初の学びで学業がとまってしまう。

 学びとは、真似をすること。とにかく1+1=2だと暗記すること。ところが応用とは、人が二人寄れば、2以上の力が出る事を体感することにある。そして、これには、更に先がある。


 韓国というのは、子供たちを最初に躓かせている国である。だから失敗国とか言われる。日本人の真似をしているのに、根本的な所で嘘を教え込むものだから、勉強の最後の発想という所まで到達できない。応用に関しては、まだ、あれとあれを組み合わせれば、今までにない組み合わせになるという、コンピューターでもできる可能性のあるものだ。しかし、その先に進もうと思ったら、自分らしさが出ないと、なかなか先に進めない。


 学業は、習字に似ている。行書から始まり楷書、草書に至る。余談だが、漢人は、漢字を簡略化してしまった。学びから発想に至る道を自分で崩すとはいい度胸だ。


 韓人は、新しい発想に至らない。だから、日本から技術を盗む。そして盗んだ技術を自分のものだと吹聴する。これを盗人猛々しいという。韓国は、日本に優遇させ、何でも、教えろ、教えろと今まで言って来ていた。これが、フッ化水素を切っ掛けに、あらゆるところで優遇除外や優遇解除され出した。これからは、真似するだけでは済まないのだ。その為には、嘘を教えるという学業を止めないと難しい。そうでないと、後に残るのは、日本に対する恨み節ばかりになる。

「日本が優遇解除したから、韓国は貧しくなった」

「日本が優遇除外したから、世界経済から追い出された」

「日本が、優遇を止めたから、勉強ができなくなった」

殆どの諸外国は、自分でやっていることだ。日本から優遇など受けていない。


 フッ化水素がいい例だ。中国もそうだが、韓国でも工場で酷い爆発があって、大勢が死んだ。真似だけではできないことがある。ほんのささやかな改善も本当に全部真似しないとフッ化水素工場は爆発する。これを盗むという犯罪行為でやり切るのは、無理がある。日本人は、日々ずっと改善をし続けているからだ。

 韓人の発想だと、全部日本から技術を盗んだのに、フッ化水素工場が爆発した。悪いのは日本だ。となる。

 海外で建てた橋やビルが崩れた時、列車事故が起きた時よくこんなことを韓人が言っているでしょ。反日で、最初に日本人はこういう人たちだというのを歪めて教えるから、日本人が、なんで、こんなささやかな改善をしているのか、その発想に彼らは至らない。そして大惨事を起こす。日本から丸々技術を盗んだのに事故が起きた。それは全部日本が悪いになる。技術を盗んでいる彼らに、そんなことを言われたくない。


 反日を止めて、日本に対して正しい認識を持たないと、この先も大惨事が起きる。それも優遇撤廃で、日本から技術を盗むのも、物資を持ってくるのも難しくなる。日本におんぶに駄々っ子は、賞味期限が来たのだ。


 韓人は、反日教育を子供たちに学校で教えている。それも、年々酷くなっている。これでは、国として、先に進めなくなる。日本が優遇を手放したのだ。これからは、自分で立たなくてはいけない。今のままだと韓国は、マイナス成長を続けることになるだろう。


正直が一番。

 漢人だって、身内にはとても正直だ。そこでさえ欠落する歪んだ儒教を無理やり押し付けられていた韓国。幸い、異端でないキリスト教が広まっている。そこを足掛かりに頑張れ。まあまあ、教義が昇華されている宗教だから、神様に正直になれば、欧米並みになれるさ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます