G20文大統領と安倍首相8秒握手がすべてだった

6/28中央日報 略式会談さえなかった…文大統領-安倍首相、「8秒握手」で終わり

8秒間の握手がすべてだった。主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が開かれている大阪で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相は首脳会談はもちろん、他の会議中にしばらく席を移して対話をする略式会談もなかった。


青瓦台(チョンワデ、大統領府)はG20サミットが始まる前、控室の一部写真も公開した。文大統領は前日に首脳会談を行った中国の習近平国家主席と深刻な表情で話をし、訪日前に韓国で首脳会談を行ったサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子をはじめ、フランスのエマニュエル・マクロン大統領やドイツのアンゲラ・メルケル首相らと話を交わした。だが、文大統領と安倍首相が一緒に写った写真はなかった。



 ホスト国のメディアが文大統領に気を使っている中、自国のメディアの方が、引きのある表題を打つ。トランプ大統領の2分会談を上回る笑顔の8秒握手。文大統領は、中国での一人飯に続き、伝説を残したなー

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます